ニュース
» 2022年06月23日 08時00分 公開

停電時にEVからの給電でエレベーターを利用可能とするシステムを開発EV

日立ビルシステムは、停電の際にEVからV2X技術を用いてエレベーターなどのビル設備に給電し、継続利用を可能とするシステムを開発した。ビルソリューションの研究開発などを担う「亀有総合センター」に導入して実証を進める。

[BUILT]

 日立ビルシステムは2022年5月23日、停電の際にEV(電気自動車)からV2X技術を用いてエレベーターなどのビル設備に給電し、継続利用を可能とするシステムを開発したと発表した。ビルソリューションの研究開発などを担う「亀有総合センター」に導入して実証を進める。

電気自動車からの給電の様子 電気自動車からの給電の様子 出典:日立ビルシステムプレスリリース

 同システムは、V2Xに対応した充放電装置「ハイブリッドPCS」(太陽光発電設備用および蓄電池用の2種のPCSを兼ね備えた装置)を用いるものとなっている。

 

 エレベーターなどのビル設備の電源をEVからの給電に切り替えるほか、エレベーターを分速30mの低速運転に変更する。これらにより、エレベーターを最長で約10時間継続して運転することが可能となる。

同システムによる給電のイメージ 同システムによる給電のイメージ 出典:日立ビルシステムプレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.