ニュース
» 2022年06月17日 17時00分 公開

「古い建物だから3Dがない」に応える、点群撮影からRevitモデル変換までワンストップで提供BIM

スマートスケープとヤマイチテクノが協業し、点群データの撮影からBIMモデル化までをワンストップで提供する新サービスをスタートさせた。

[BUILT]

 先進技術を活用したシステムインテグレーション事業を展開するスマートスケープと、OA機器や3D機器の販売、計測サービスなどを提供しているヤマイチテクノは、建設業界の3Dデータ活用推進に向けて、2022年5月24日より協業を開始した。

3Dスキャナーで取得した点群データをAIでBIMモデル化

 現在、建設業を中心に建物やインフラ(橋、道路など)、プラントなどの情報を3Dモデルに変換したBIMモデルの活用が進んでいる。また、現実空間と仮想空間を融合し、自在に行き来する“デジタルツイン”が注目されているが、その実現には3Dモデルが必要となる。しかし、多くの既存建物は、3Dモデルが存在しないため、3Dデータ化する際には、3Dスキャナーを使用して、建造物の点群データを撮影し、構造化することが欠かせない。

点群データをAIでBIM化するイメージ 出典:スマートスケーププレスリリース

 スマートスケープは、3Dスキャナーで取得した点群データを短納期かつ低価格で3Dデータに変換するサービス「Scan2BIM/CIM」を提供しており、一方でヤマイチテクノは、3D技術の利活用のために、ハードウェアやソフトウェアの販売から機材のレンタル、計測業務受託までを行っている。

 Scan2BIM/CIMによる点群データからBIMモデルへの変換プロセスは、3Dスキャナーで取得した点群データをAIの機械学習ベースの変換ソフトウェアへアップロード。AI画像認識により、壁、柱、配管などの構成要素を検出し、形状と位置座標を取得。APIでAutodesk Revit内に要素を作成し、その後、オペレーターが手動によりRevitで、点群データと同精度を確保するために、モデリングとテストを重ね、BIMモデルとして完成させる。

「Scan2BIM/CIM」の点群モデルから壁要素を検出して、座標取得、形状作成までのフロー 出典:スマートスケーププレスリリース

 今回の協業で、今まで3Dスキャナーを保有していなかったユーザーでも点群データの撮影から3Dモデル化までのワンストップでの提供が可能となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.