まとめ
» 2022年05月13日 12時00分 公開

「UCHIDA FAIR 2022」テレワーク需要に応える最新オフィス機器電子ブックレット(BUILT)

ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、2021年11月9〜26日に開かれたオフィス製品の展示会「UCHIDA FAIR 2022」に先立ち、開催された記者向けの事前発表会を採り上げます。

[BUILT]

ウェブサイトに掲載した記事を「電子ブックレット」として編集し直しました。BUILT読者会員の皆さまであれば、無料でダウンロードして読むことができます。

「UCHIDA FAIR 2022」テレワーク需要に応える最新オフィス機器

アイコン クリックでダウンロードページへ

 UCHIDA FAIR 2022では、国内の企業や官公庁でテレワークの導入が進み、照明の遠隔操作や仕事の効率を高める沸くスペース、オンラインで利用状況を確かめる新たなオフィス機能の需要が高まっている状況を踏まえ、こういったニーズに応えるオフィス製品が披露されました。

 本ブックレットでは、携帯端末から業務に適したワークプレースを調べて予約を行うシステム、ミーティングコーナーと個人ワークブースの利用状況を専用センサーでセンシングするクラウドサービス、業務に集中しやすい吸音性の高いブースなどを収録しています。

電子ブックレットは下記より、ログインまたは会員登録後に無料でダウンロードできます。

ダウンロードボタン

・ブックレットは無料でTechFactoryホワイトペーパーダウンロードセンターよりダウンロードできますが、読者登録が必要です。
・電子ブックレットは、PDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.