ニュース
» 2022年01月28日 08時00分 公開

三菱地所、シドニーでWellbeingに配慮したオフィス開発事業に参画プロジェクト

三菱地所は、オーストラリア・シドニーでWellbeingに配慮したプレミアムオフィス開発事業「Parkline Place」に参画することを発表した。

[BUILT]

 三菱地所は、オーストラリア・シドニーでWellbeingに配慮したプレミアムオフィス開発事業「Parkline Place」に参画することを発表した。同事業はシドニーの鉄道会社Sydney Metroが主導する新駅「Pitt Street」の開発事業、Oxford Properties Groupが進める「Pitt Street South」の賃貸住宅棟開発事業と三位一体で進められる大規模複合開発の一部である。

 「Parkline Place」は、地上39階・地下5階建て、貸付有効面積約4万7800平方メートルのプレミアムグレードオフィス(基準階面積:約1500平方メートル)と商業機能を擁するプレミアムオフィス開発事業。「foster+partners」が設計・デザイン監修を務める。2021年11月着工、2024年1月の完工を予定している。

本物件外観 本物件外観 出典:三菱地所のニュースリリース

 同計画地は、シドニーCBDの中心部のオフィス・商業が融合した活気のあるエリアに位置し、公共緑地「Hyde Park」や商業施設の「Queen Victoria Building」などに近接する。2024年の開通に向けて現在インフラ工事が進められているSydney Metroの新駅「Pitt Street」に直結する駅上開発だ。新駅はオフィス「Parkline Place」と賃貸住宅「Pitt StreetSouth」を地下でつなぐ形で開発が進められており、同時完工を予定している。

物件所在地 「物件所在地 出典:三菱地所のニュースリリース
「Parkline Place」周辺開発事業 「Parkline Place」周辺開発事業 位置関係図 出典:三菱地所のニュースリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.