ニュース
» 2021年12月17日 07時00分 公開

三菱地所が新会社を設立、歩き旅向けコンテンツサービスの提供を開始ICT

コンテンツサービス会社の膝栗毛は、地域のにぎわいやコミュニケーション、コミュニティーの形成と活性化をサポートするサービス「膝栗毛」を開発した。

[遠藤和宏,BUILT]

 三菱地所は、コンテンツサービス会社の膝栗毛を設立し、JTBコミュニケーションデザイン(JCD)と共同で、デジタルと現実の空間を組み合わせて、新しい歩き旅体験を演出するサービス「膝栗毛」の提供を開始したことを2021年11月25日に発表した。

 同日には都内で記者発表会を開催した。会場では、膝栗毛 代表取締役 米田大典氏が、膝栗毛のサービスについて説明した後、場所を移し、東京都品川区の東海道品川宿本陣跡と寺院「一心寺」で新サービスのデモンストレーションを行った。

東海道ではないエリアの企業や自治体とも連携する見通し

 コンテンツサービス会社の膝栗毛と新サービスは、三菱地所が従来の不動産業に捉われない幅広い事業の育成を目的に実施している「新事業提案制度」を通じて実現したもの。

 膝栗毛では、これまで三菱地所が行ってきた各地域でのにぎわい創出とまちづくりの知見やJCDの地域交流事業に関するネットワークを生かし、サービス提供のプラットフォームとして、スマートフォンアプリ「膝栗毛|HIZAKURIGE(以下、膝栗毛アプリ)」を企画・開発した。

 膝栗毛アプリは、「身近なまちの、何気ない道を、エンターテインメント」をコンセプトに、「膝栗毛マガジン」「音声ガイド」「チェックイン」「膝栗毛茶屋」といった4つのコンテンツで構成される。膝栗毛マガジンは、歩き旅のルート上にある東海道の歴史やグルメ、観光スポットをまとめたオリジナルのマガジンで、歩き旅の前に現地の情報を収集するのに役立つ。

膝栗毛アプリの機能 提供:三菱地所

 音声ガイドは、今回のアプリでマッピングされた地点に行くと聞ける音声ナレーションで、寺や城、石碑、店舗などの歴史と物語を楽しめる他、歩きスマホの防止にもつながる。

 チェックインは、歩き旅のルート上にある寺や城、石碑、店舗といった場所に、アプリ上でチェックインできる。具体的には、チェックインスポットをスマートフォンで撮影した写真を膝栗毛アプリに登録するとチェックインが完了し、膝栗毛ポイントがアプリ内に蓄積される。将来は膝栗毛ポイントをアイテムと交換できる機能も実装する予定だ。

膝栗毛 代表取締役 米田大典氏

 膝栗毛茶屋は、歌川広重氏が描いた「東海道五十三次」の舞台である東京・日本橋から京都・三条大橋までの区間「東海道」で膝栗毛と提携した店舗を指す。膝栗毛の米田氏は、「現在、東海道沿いには膝栗毛茶屋が14店舗ある。今後は、提携店舗を拡大していくとともに、東海道ではないエリアの企業や自治体とも連携していく。加えて、膝栗毛アプリにユーザーの日記投稿機能を搭載する」と話す。

 膝栗毛のマネタイズ方法に関して、米田氏は、「膝栗毛アプリは一部のプレミアムコンテンツを課金で利用可能とする。また、自治体と企業向けに、有料で膝栗毛マガジンと音声ガイドを作成し、地域や店舗のブランディングやマーケティングなどの企画支援を行う。アプリ内に有料の広告枠も設け、観光スポットと店舗への送客を支援する」と述べた。

膝栗毛のマネタイズイメージ

 新サービスの体験会では、東海道品川宿本陣跡と一心寺で、膝栗毛アプリの音声ガイドとチェックイン機能の実演を行った。

一心寺で膝栗毛アプリのチェックイン機能の実演

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.