ニュース
» 2022年01月25日 13時00分 公開

ニュージーランドで年間100トンのグリーン水素を製造可能なプラントが竣工、大林組らプロジェクト

大林組は、Tuaropaki Trustとともに、ニュージーランドのタウポで開発したグリーン水素製造プラントで製造されるグリーン水素の試験販売をスタートした。今後、両社は、ニュージーランドの水素社会化を後押しするため、意欲的な水素価格の実現に向けた展開を進めていく。加えて、水素ステーションなど、社会インフラの整備促進に必要な技術開発と商品化を、今回のプロジェクトに賛同する企業との連携を強化しつつ推進している。

[BUILT]

 大林組は、Tuaropaki Trust(トゥアロパキ・トラスト)とともに、ニュージーランドのタウポ※1で建設を進めてきたグリーン水素製造プラントの開所式を開催し、製造されるグリーン水素の試験販売を開始したことを2021年12月14日に発表した。

※1 タウポ:ニュージーランドの北島北部の最大商都オークランドと北島最南端の首都ウェリントンの中間に位置する都市。地熱発電が盛んで、大規模な地熱発電所が多数存在する

グリーン水素は公共交通機関や物流施設などの車両用燃料で活用予定

 ニュージーランドでは、政府が電力の再生可能エネルギー比率を現状の85%から2030年には100%にする政策を掲げ、その一環として水素の利活用が積極的に推進されている。そこで、大林組は2014年頃からニュージーランドの再生可能エネルギーが持つ将来性に着目し、2018年に同国で有数の地熱発電所を所有するTuaropaki Trustと共同で、地熱発電を利用したグリーン水素の製造プラント建設にタウポで着手した。

 2021年3月のプラント完成以降、試運転や水素品質の確認、実証に関連する体制整備などが完了したため、同年12月9日に試験販売開始に向けた開所式を開いた。

左から、Tuaropaki Trust CEO Steve Murray(トゥアロパキ・トラスト スティーブ・マリー氏)、NZ Minister of Energy and Resources Megan Woods(ニュージーランド ミーガン・ウッズ エネルギー・資源大臣、Tuaropaki Trust Chair Gina Ranqi(トゥアロパキ・トラスト ジーナ・ランギ 議長)、在ニュージーランド日本国大使館 伊藤康一大使 出典:大林組プレスリリース

 今回の水素製造プラントは、トゥアロパキ・トラストグループが所有および運営する地熱発電所の敷地内に建設され、地熱発電所から直接受電した再生可能エネルギー100%の電力によってグリーン水素を年間100トン(燃料電池自動車の燃料換算で1000台分に相当※2)製造できる。

※2 燃料電池自動車の燃料換算で1000台分に相当:燃料電池自動車(FCV)は水素1キロでおよそ100キロの走行が可能とされる。FCV1台が1年間に1万キロを走行すると想定すると、1000台分の年間の燃料が賄える製造量となる

今回開発したグリーン水素製造プラント 出典:大林組プレスリリース
今回開発したグリーン水素製造プラント 出典:大林組プレスリリース
水素燃料電池車への供給 出典:大林組プレスリリース

 現在、大林組とTuaropaki Trustの2社は、共同で設立した事業会社Halcyon Power※3(ハルシオンパワー)を通じてグリーン水素サプライチェーンの実証事業に取り組んでいる。今後は、製造や運搬にかかるコストを踏まえた価格設定とその社会受容性を調べるため、プラントで製造したグリーン水素の試験販売を開始する。販売したグリーン水素は、公共交通機関や物流施設などの車両用燃料、化学薬品工場の原材料といった産業用途で活用される予定だ。

※3 Halcyon Power:グリーン水素サプライチェーンの成立可能性を検証するため、大林組とトゥアロパキ・トラストが共同出資し設立した現地法人。グリーン水素の製造だけでなく、輸送から消費までのサプライチェーン全体を構築し、各段階での技術的、制度的課題とともにコストや社会受容性の把握を通じて、グリーン水素の普及拡大を目的としている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.