ニュース
» 2022年01月21日 07時00分 公開

野村不動産らが東京・六本木で商業施設を開業、店舗情報の伝達にNFCを活用プロジェクト

野村不動産と野村不動産コマースは、東京都港区六本木で、商業施設「GEMS 六本木」を2021年11月10日にオープンした。GEMS 六本木は、来館者への店舗情報の伝達手段として「NFC(近距離無線配信)非接触ICチップ」を活用し、エントランスのプロジェクションマッピングでは街との一体感を醸成している。

[BUILT]

 野村不動産と野村不動産コマースは、東京都港区六本木で都市型商業施設「GEMS」シリーズの20棟目となる商業施設「GEMS 六本木」を2021年11月10日に開業した。

ミラープロジェクションマッピングで日本の四季を表現

 GEMS 六本木は、東京メトロ日比谷線/都営地下鉄大江戸線六本木駅から徒歩1分の場所にあり、六本木エリアの中心に位置している。建物は、RC造地下1階/地上9階建てで、麻布十番・西麻布で大人気のチルラググループ(シーシャ業態)の新店舗や大阪で創業65 年の伝統を誇る飲食店「ニュー松坂(鉄板焼き)」など、個性的なテナントで構成される。

「GEMS 六本木」の外観 出典:野村不動産プレスリリース

 1階のエントランスホールでは、ミラープロジェクションマッピングによる華やかな光の演出で、日本の四季を空間全体に表現している。また、「NFC(Near Field Communication、近距離無線配信)非接触ICチップ」をエントランスの店舗サイン内に組み込み、来館者がスマートフォンを店舗サインにかざすことで、各店の詳細な情報を受け取れるようにした。これにより、接触による新型コロナウイルス感染リスクを低減し、安心して店舗情報を得られるようになっている。

「GEMS 六本木」のミラープロジェクションマッピング 出典:野村不動産プレスリリース
「GEMS 六本木」の「NFC(近距離無線配信)非接触ICチップ」の利用イメージ 出典:野村不動産プレスリリース

GEMS 六本木の概要

 GEMS 六本木は、RC造地下1階/地上9階建てで、延べ床面積は1581.08平方メートル。所在地は東京都港区六本木6丁目2-6(住居表示)で、敷地面積は307.54平方メートル。基本設計・監修は野村不動産株式会社一級建築士事務所が、商環境デザインはボノボが、設計監理・施工はイチケン東京支店がそれぞれ担当した。

「GEMS 六本木」の位置図 出典:野村不動産プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.