ニュース
» 2021年04月16日 06時00分 公開

日立が7年ぶりに“エレベーター”の主力モデルを発表、深澤直人氏の意匠と感染予防の機能を融合BAS(1/3 ページ)

日立製作所と日立ビルシステムは、最新の感染防止ソリューションでニューノーマル時代に対応し、デザインも一新した日立の新たなスタンダードとなる新型エレベーターをリリースした。

[石原忍,BUILT]

 日立製作所と日立ビルシステムは2021年4月15日、ニューノーマル時代のスタンダードと位置付ける安全・安心・快適を両立させた標準型エレベーターの新モデル「アーバンエース HF(エイチエフ)」を発表した。国内での販売は、同年4月19日から開始する。

デザイン監修は、プロダクトデザイナーの深澤直人氏

「アーバンエース HF」のカゴ内 提供:日立製作所、日立ビルシステム

 アーバンエースHFは、日立にとって約7年ぶりとなる標準型エレベーターの新モデルで、日立昇降機製品やサービスの開発コンセプト「HUMAN FRIENDLY(HF)」を具現化した。エレベーターカゴの内装などは、電子精密機器から、家具、インテリアまでを幅広く手掛ける世界的にも著名なプロダクトデザイナーの深澤直人氏(多摩美術大学教授)が監修を担当。シンプルで品のある新デザインと、最新の感染症リスク軽減ソリューション群に加え、ビルオーナー・管理者向けのエレベーター用ダッシュボード「BUILLINK(ビルリンク)」をはじめとする保守運用サービスを融合することで、これまでに無いエレベーター環境を提供する。

 深澤氏による意匠は、落ち着いたカラーと凹凸の少ないフラットな乗りカゴ空間とし、天井のサークル型照明や高い視認性のあるボタン、読みやすいフォントを採用した階数表示の液晶インジゲーターによって、シンプルな中にも機能美を追求。カラーラインアップは、側板、戸、天枠、操作盤の色調を全て統一したシンプルな内装の「CLEAN」と、左右と奥の側板がウォールナットやナチュラルウォークウッドの木目柄で、他の操作盤などの部位をシルバーで仕上げた「CLASSIC」の2タイプを多数の組み合わせから成るカラーバリエーションの基軸としている。

「アーバンエース HF」のデザイン。左がシンプルに色を統一した「CLEAN」、右が木目調の化粧鋼板を使用した「CLASSIC」の一例 提供:日立製作所、日立ビルシステム
コントラストの強いホワイトとブラックの配色で視認性を高めたカゴ内の液晶インジゲーター 提供:日立製作所、日立ビルシステム
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.