調査リポート
» 2021年04月07日 07時00分 公開

約半数は実家が空き家になったら売却、Alba Linkが意識調査調査レポート(1/2 ページ)

Alba Linkは、全国の男女803人を対象に、インターネット上で、「空き家の活用方法についての意識調査」を2021年2月12〜19日に行った。調査結果では、全体のうち48.9%が実家が空き家になったら、売却する意向があることが判明した。

[BUILT]

 Alba Linkは、全国の男女803人を対象に、インターネットアンケート上で、「空家の活用方法についての意識調査」を2021年2月12〜19日に行い、結果を同月27日に発表した。

年収が高い人ほど空き家を売却する意向があることが判明

 調査結果によれば、「実家が空き家になったらどうするか」と対象者に質問したところ、「売却する」と答えた人は48.9%で最多だった。次いで、「そのままにする」は29%、「賃貸に出す」は14.3%、「更地にする」は7.7%。年代別でも、60代以上を除く全年代で「売却する」が最も高い割合を占め、「そのままにする」「賃貸に出す」「更地にする」と続いた。

「実家が空き家になったらどうするか」への回答 出典:Alba Link
「実家が空き家になったらどうするか」への回答(年代別) 出典:Alba Link

 年収別でも、各年収の対象者が答えた回答を多い順に並べると、年代別と同じ順番になった。さらに、年収が高い人ほど空き家を売却する意向があることも判明し、この傾向は年収800万円以上の人が顕著であることも分かった。

「実家が空き家になったらどうするか」への回答(年収別) 出典:Alba Link

 冒頭の質問で、「売却する」と答えた393人に理由を複数回答が可能な条件で聞いたところ、「固定資産税を払うのは無駄だから」と返答した人が243人で過半数となった。「今後、使用する可能性はないから」は240人で、「現金化できるから」は237人となった。

「売却する」と答えた393人の理由 出典:Alba Link

 上記の他、「本当は不動産所得などに活用したいが、改装費用を準備することもできないため(20代)」「家や土地はそこそこ良い場所にあるのだが、病院やスーパーなどが遠いので老人になると住むこと自体が困難になると思われるため(30代)」「値段はほとんどつかないと思うが、なるべく手間をかけたくないから(30代)」といった意見も寄せられた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.