ニュース
» 2020年11月11日 08時00分 公開

アズビル、手書き記録作業のデジタル化クラウドサービスに新機能現場管理

アズビルは、PC上での直感的な画面操作のみで、スマートフォンやタブレット端末向けのWebアプリが構築できる「現場でつくる作業記録サービス」に新機能を追加し、2020年10月28日から運用開始した。

[BUILT]

 アズビルは、PC上での直感的な画面操作のみで、スマートフォンやタブレット端末向けのWebアプリが構築できる「現場でつくる作業記録サービス」に新機能を追加し、2020年10月28日から運用開始したことを明らかにした。

 「現場でつくる作業記録サービス」とは、同社が提供するサブスクリプション形式(月額課金)のクラウドサービスだ。PC上でのドラッグ/ドロップといった簡単な操作で、作業記録アプリの操作画面を簡単に構築できる。従来は手書きで行われていた製造時の工程内検査、ラインの巡回点検、装置の修理記録、各種日報の申し送りなど、多様な業務のデジタル化に適しており、業務の効率化、データを活用した改善などに役立てられるという。

 今回追加された内容は、第三者による不正行為を防止するための「作業グループ管理」「権限設定」機能、並行作業やスムーズな次工程への切替えを行い、データも同時に残す「中断保存/再開」「記録確認/編集」機能となる。

作業グループ管理機能/権限設定機能画面 作業グループ管理機能/権限設定機能画面 出典:アズビル

 近年、企業におけるデータの完全性を担保するニーズが高まっており、品質管理や巡回点検といった現場では、日々行われている改善とは別に、データの改ざんといった不正行為を防止するための工夫が必要とされている。また、製造現場においては多品種少量生産やセル生産方式への移行が進み、1人の作業者が任される作業の種類・量は複雑化している。同社はこうした背景を踏まえ、今回の新機能を追加したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.