ニュース
» 2020年08月26日 08時00分 公開

JR新宿駅で狭小空間特化型ドローン活用した点検手法の実証実験ドローン

JR東日本スタートアップとLiberawarは、世界最小クラスのドローン「IBIS」を活用した駅舎天井裏の新たな点検手法の実証実験を行い、ドローン活用の有用性や業務効率化の可能性を確認した。

[BUILT]

 JR東日本スタートアップとLiberawarは、JR東日本スタートアッププログラム2019の一環として、世界最小クラスのドローン「IBIS(アイビス)」を活用した新たな点検手法の実証実験を行い、駅舎天井裏の状況確認業務におけるドローン活用の有用性や業務効率化の可能性を確認した。

 実証実験では、IBISにJR新宿駅の駅舎の天井裏を飛行させ、どのスペースまで飛行できるか、撮影した映像は点検に資するレベルであるかなどを判断した。また、撮影動画から生成した点群データを用い、配管やケーブルなどの計測や3D化を実施し、距離計測や図面化の作業を効率化できるか確認した。

実証実験の様子 実証実験の様子 出典:JR東日本スタートアップ

 駅舎の改良工事やメンテンナンスは、終電から始発までの限られた時間内に、効率良く行わなければならないが、天井裏の点検は天井面を1つずつ外しながらの作業となっており、作業時間の改善が急がれている。

 今後はより精度を高めるための検証を行い、高い、狭い、危ないなどの人が直接入れない場所の点検において、作業負担軽減や生産性向上につながる新たな点検手法の確立を目指す。

IBIS IBIS 出典:JR東日本スタートアップ

 IBISは、プロペラガードを含めたサイズが190×180×50ミリメートルで、重量が170グラム、最大12分間飛行できる。LED照明、防塵(じん)モーター、独自設計のプロペラを装備し、狭小空間でも安定して飛行することのできる性能を特徴としている。現在は、大型プラント設備を保有する企業を中心に、煙突内、配管内、ボイラー内などの点検用途に活用されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.