ニュース
» 2020年08月21日 07時00分 公開

従業員のストレス削減に効く植物や音響システムを搭載したオフィス家具パナソニックが考える「2020以降の街づくり」(2/2 ページ)

[遠藤和宏,BUILT]
前のページへ 1|2       

高精度チューニング技術で自然界と同じ音響を再現

パナソニック テクニクスブランド事業担当 参与の小川理子氏

 プランターの下部に内蔵した音響システムは、高音質再生技術や音響解析・高精度チューニング技術を搭載することで、自然界の音を高音質で再現。自然界の音は、人をリラックスさせつつ集中させる効果があり、生産性を高めるワークスペースの構築に役立つ。

 パナソニック テクニクスブランド事業担当 参与 小川理子氏は、「音響システムは、シミュレーションモデルを使用することで、さまざまな部屋の寸法やレイアウト、残響と反響に最適な音響設計に仕上げている。また、高精度チューニング技術で、鳥の鳴き声など多様な音を自然界と同じ方向や音量、周波数で再生することが可能だ。例えば、鳥のさえずりは上方から響き、川のせせらぎは下方から聞こえる」と説明した。

音響シミュレーションモデルを用いて適度な響きと均一の音量となるサウンドシステムを設計
高精度チューニング技術で音の方向や音量、周波数を自然界と同様のものに調整

 続けて、「状態の悪い空間でも、良質な音が響くように音質を補正する技術“Space Tune”をスピーカーが備えているため、場所を選ばす使える。システムの筐体はアーチ型で広範囲に音が響く」と付け加えた。

音響システムのスピーカーのボディー(左)やSpace Tuneの概要(右)

 テクニクスの音響システムを採用したオリジナルビッグテーブルやオリジナルミドルテーブル、オリジナルベンチは既に、矢作建設工業やオーク情報システム、JX金属のオフィスへの導入が決まっている。PBSは2022年度までの3年間で今回開発したオフィス家具を累計90社に導入することを目標に掲げている。

音響システムを採用したオフィス家具の導入目標
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.