ニュース
» 2020年06月25日 06時00分 公開

BIM:フリーダムアーキが“住宅分野のBIMコンサル”を開始、BIM確認申請100件のノウハウ提供

年間約400棟の注文住宅やデザイン住宅を手掛けるフリーダムアーキテクツは、住宅分野でのBIMの環境構築や運用をサポートする「BIMコンサルティングサービス」を開始した。

[BUILT]

 フリーダムアーキテクツデザインは、住宅分野でのBIMのさらなる普及のため、導入を支援するBIMコンサルティングサービスの提供をを2020年5月1日から開始した。

これまで蓄積してきたBIMの知見を「住宅BIM基本パッケージ」として商品化

 BIMコンサルティングサービスは、今までフリーダムアーキテクツデザインが蓄積してきたBIM運用のリソースや方法を「住宅BIM基本パッケージ」として商品化。BIMを導入される企業に合わせ、BIMの環境構築や運用サポートを行っていく。

 具体的には、住宅BIM基本パッケージとして、BIMの基盤であるテンプレートの提供やその使い方を支援。これまでに100件を手掛けたBIM確認申請までのコストや現場の負荷を考慮し、効率化が実現できる使い方を解説して、住宅BIMを実現させる。

 また、動画やVRデータなどのビジュアライゼーション技術も活用することで、営業力の強化も図る。オプションでは、BIM確認申請のトライアルやBIMプロジェクト集なども用意している。

BIMによる確認申請の実績 出典:フリーダムアーキテクツデザイン

 近年、建築業界では、BIMやビジュアライゼーションなどのテクノロジーを生かした新しいワークフローの導入が盛んになり、BIMの制度化やBIM活用の先にある建設業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の議論も活発になってきている。

 また、国土交通省による「BIM/CIM推進委員会」の設置をはじめ、建築確認検査機関や関連団体、自治体、設計事務所、ゼネコンらで組織する「BIM活用推進協議会」の発足など、建築・設計の現場でBIMに対する注目は高まっている。こうした動きを受け、住宅分野でも、本格的にBIMの導入を検討する企業も出始めている。

 BImを取り巻く状況の変化に伴い、フリーダムアーキテクツデザインにもBIMに関する問い合わせやBIMの導入をサポートして欲しいといった要望が多く寄せられており、正式にサービスとして提供することとなった。

 フリーダムアーキテクツデザイン自体は2018年6月に、最先端のBIMワークフローのさらなる浸透のため、ベトナムダナンに新たな拠点「BIMセンター」を開設し、グローバル連携の中で、現在は月間約100棟のBIMデータを作成するまでに成長している。これまでに、BIMによる確認申請も、約100棟を超える実績がある。

 同社のBIMの特徴は、特殊なアドインなどを使用せず、BIMソフトウェアRevitの基本的なツールだけでモデリングしており、コストを最小限に抑えてBIM化することをモットーとしている。

フリーダムアーキテクツデザインのBIMフロー 出典:フリーダムアーキテクツデザイン

 BIMを自社に導入するには、「BIMを実現するソフトの購入や使い方」と「3次元ベースの設計プロセスであるBIMワークフローの構築」をセットで検討する必要がある。新サービスでは、3次元ベースの設計プロセスである「BIMワークフローの構築」をバックアップ。さらに要望があれば、企業の展開に合わせ、必要なBIMモデルの作成やBIM確認申請などのトライアルも担っていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.