ニュース
» 2020年06月22日 08時00分 公開

NTT都市開発と大成建設、博多駅東一丁目開発計画の概要発表プロジェクト

NTT都市開発と大成建設は、共同事業「(仮称)博多駅東一丁目開発計画」に関して、「博多コネクティッドボーナス」の認定を受け、計画概要を発表した。博多駅筑紫口エリアのにぎわいづくりと回遊性向上を目指す。

[BUILT]

 NTT都市開発と大成建設は、共同事業「(仮称)博多駅東一丁目開発計画」に関して、「博多コネクティッドボーナス」の認定を受け、計画概要を2020年3月に発表した。オフィスビル前面に博多駅周辺地区最大級の広場を整備し、博多駅筑紫口エリアのにぎわいづくりと回遊性向上を目指す。

外観イメージ 外観イメージ 出典:大成建設

 博多コネクティッドとは、福岡市が博多駅の活力とにぎわいをさらに周辺につなげていくプロジェクトだ。その中で、容積率などの規制緩和などにより、耐震性の高い先進的なビルへの建替えを促すインセンティブ制度が「博多コネクティッドボーナス」となる。この適用を受けることで、博多駅周辺地区最大級の広場空間(公開空地)、基準階面積を有するオフィスビルの両立が可能となった。

所在地 所在地 出典:大成建設

 オフィスビルは鉄骨制震梁を採用し耐震性に優れた構造だ。博多駅周辺地区最大級の基準階約670坪の無柱空間を有し、約40坪のフレキシブルな区画形成を可能とした。1階にはスモールオフィス、敷地北側には無料Wi-Fiを提供する広場を設置し、多様化するワークスタイルに対応したオフィスを計画する。

 筑紫口中央通りとつながる敷地南側(建物前面)には、約940平方メートルに及ぶ博多駅周辺地区最大級の広場(公開空地)を整備する。南側広場では、四季の変化が楽しめる花や木を植栽し、広場に面したカフェやキッチンカー、ベンチの配置、無料Wi-Fiの提供など、来街者やオフィスワーカーが憩い、楽しめる空間を計画する。また、博多まちづくり推進協議会など地域と連携し、クリスマスイルミネーションなどのイベント開催を検討している。1階屋外には、誰でも利用できるICタグなどを活用した駐輪場を設置することで路上駐輪場の撤去に寄与する。

公開空地 公開空地 出典:大成建設
クリスマスイベントイメージ クリスマスイベントイメージ 出典:大成建設

 同事業の所在地は博多駅東一丁目敷地(旧博多スターレーン跡地)、建物規模地上10階建て、敷地面積は約4900平方メートル、延床面積は約2万9300平方メートルにおよぶ。完工は2022年6月の予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.