ニュース
» 2020年06月01日 08時00分 公開

山岳トンネル工事:山岳トンネルのロックボルトを自動打設、モルタル供給装置を一体化

戸田建設らは、山岳トンネル施工向けロックボルト自動打設機“ロボルト”を開発し宇治田原トンネル東工事に導入した。モルタル供給装置を一体化することで、ロックボルト設置を迅速かつ良好な作業環境で可能にする。

[BUILT]

 戸田建設と金属切削工具などを取り扱うサンドビックSMRTカンパニーは、日本の山岳トンネル施工に適したロックボルト自動打設機“ロボルト”を開発し、新名神高速道路宇治田原トンネル東工事に導入したことを明らかにした。同システムではモルタル供給装置を本体に搭載することにより、切羽下での作業や重量物を扱う作業が減少し、省力化を確認したという。

宇治田原トンネル東工事におけるロボルト施工状況 宇治田原トンネル東工事におけるロボルト施工状況 出典:戸田建設

 従来、鉱山などで使用されているロックボルト自動打設機はモルタル供給装置がなく、カプセルタイプの定着材を使用していた。今回開発したロボルトは、日本の山岳トンネルでの仕様・規格、施工管理基準を満たし、効率的な施工を図るために本体にモルタル供給装置を搭載し一体化。これにより合理的なロックボルト自動打設が可能となった。

左:ロボルト全景 ロボルト全景 出典:戸田建設

 ロックボルト自動打設機“ロボルト”は、オペレーター1人でロックボルトの施工が可能だ。落下物保護構造(FOPS)対応のフルキャビン方式を採用することで、快適かつ安全性も高い。本体には、練り混ぜ用ミキサーと圧送ポンプを一体化した定着モルタル供給装置を搭載。材料供給部は可動式にして材料の投入供給を容易にできる。

左:モルタル供給装置 モルタル供給装置 出典:戸田建設

 また、ロックボルト打設位置はマシンガイダンスにより誘導が可能だ。削孔(さっこう)位置、長さ、本数、モルタル流量、注入圧力など施工時のデータを記録・保存し、CIM(コンストラクション インフォメーション モデリング)モデルに統合できるという。

左:打設位置マシンガイダンス表示 打設位置マシンガイダンス表示 出典:戸田建設

 同工事では、AIによる切羽評価、トンネル坑内のデータ転送の無線化などICTを活用したトンネル掘削を進めており、さらなるトンネル施工の高度化を実現していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.