連載
» 2020年04月25日 12時00分 公開

既存住宅の省エネ化や地域の活性化などを実現した7つのFM施策JFMA賞2020「神奈川県住宅供給公社編(下)」(2/5 ページ)

[遠藤和宏,BUILT]

外断熱工事でカビなどを防ぐ

 神奈川県横浜市保土ヶ谷区の「桜ヶ丘共同住宅」は、築60年以上経過し、建物の経年劣化と設備の陳腐化が表面化していた。神奈川県住宅供給公社は、建物の長寿命化と居住性能アップを目的に、フルリノベーションを実施し、賃貸マンション「アンレーベ横浜星川」としてリニューアルした。

 改修では、外断熱工事や屋上の断熱防水化、排水管の外部設置、外壁塗装、デザインの改良などが進められた。外断熱工事は、結露やカビ・中性化進行の抑制、省エネルギー化、温熱環境の改善に機能した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.