ニュース
» 2020年04月01日 07時00分 公開

プレキャスト・ワッフル型UFC床版を初適用、重さを計画時より54%削減導入事例(1/2 ページ)

鹿島建設は、阪神高速道路とともに、高速道路橋を計画する際に、橋脚の位置や基礎の大きさに制約されず短納期を実現する新たなUFC床版を開発した。

[BUILT]

 阪神高速道路と鹿島建設は2020年3月4日、2011年から共同開発を進めてきた「プレキャスト・ワッフル型UFC床版」を阪神高速道路1号環状線の信濃橋入口に初適用し、1月29日に供用を開始したと発表した。

 UFCとは、Ultra-high strength Fiber reinforced Concreteの略称で、水結合材比が15%程度で、圧縮強度が150ニュートンパー立方ミリメートル以上の緻密な鋼繊維補強コンクリートを指す。

主桁を3本から2本に減らすことに成功

 適用箇所は、高速入口のうち国道172号(本町通)をまたぐ部分に新設した橋長37メートル、幅員5.75メートルの合成桁橋(けたきょう)。軽量なワッフル型UFC床版を適用したことで、床版の重さを当初計画していた場所打ちのコンクリート床版から54%削減し、主桁を3本から2本に減らすことに成功した。

 また、同じ橋に通常のプレキャストPC床版を採用する際には、床版の架設には120トンのラフタークレーンが必須だが、軽量なワッフル型UFC床版を利用したことで60トンのラフタークレーンでの架設が実現。結果として、既存道路への影響を全面通行止めから半分の車線規制にとどめられるようになった。

ワッフル型UFC床版を使用した阪神高速道路1号環状線の信濃橋入口 出典:鹿島建設
信濃橋入路橋のパース(左)とワッフル型UFC床版(右) 出典:鹿島建設
コンクリート床版採用時(左)とワッフル型UFC採用時(右)の断面 出典:鹿島建設
60トンクレーンによるワッフル型UFC床版の架設 出典:鹿島建設
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.