ニュース
» 2019年12月25日 07時00分 公開

プロジェクト:最大4テナント入居可能な大型マルチテナント型物流施設「DPL須賀川」を着工

大和ハウス工業は2002年、物流最適地の提案から維持管理に至るまで、顧客にあわせた専用の物流施設をコーディネートする独自の計画「Dプロジェクト」を開始。Dプロジェクトでは、オーダーメイドタイプのBTS(Build to Suit)型物流施設と、好立地に複数のテナントが入居可能で短期的な物流ニーズにも迅速に対応するマルチテナント型を建設してきた。2020年2月1日には、50億円を投じた大型マルチテナント型物流施設「DPL須賀川」の建設に着手する。

[BUILT]

 大和ハウス工業は2020年2月1日、福島県須賀川市のJT東日本原料本部工場跡地の一部で、最大4つのテナントが入居可能な大型マルチテナント型物流施設「DPL須賀川」を着工する。

福島県須賀川市に延べ3万m2以上の物流施設が誕生

 DPL須賀川は、建築面積が3万2235.78平方メートル、延べ床面積が3万2167.80平方メートル、構造はRC造で平屋建て。設計・施工は竹中工務店で、総投資額は約50億円。所在地は福島県須賀川市茶畑町25-3・4。工期は2020年2月1日〜12月15日で、入居は2021年1月を予定している。

DPL須賀川の外観イメージ 出典:大和ハウス工業

 入居を見込むテナントは、インターネット通販事業者や小売業者、東北全域への配送を手掛ける事業者など。アクセスは、東北自動車道「須賀川インターチェンジ」まで約1キロで、東北全域に出やすく、物流エリアの広域化・複雑化が進む中で、テナント企業のニーズに応えられる立地だという。JR東日本「須賀川駅」までは約1.9キロで職住近接の就労環境が整っている。

DPL須賀川の周辺地図 出典:大和ハウス工業

 さらに、造成時に福島県および須賀川市と協議を行い、地盤面が浸水しないように計画されている。また、隣接地には、2区画(1区画あたり2万平方メートル)の工業団地を整備。企業の物流施設や製造施設、研究所などの事業展開に沿った大型施設をはじめ、エリア拠点の新設が行える団地だという。

DPL須賀川の俯瞰イメージ 出典:大和ハウス工業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.