ニュース
» 2019年11月27日 08時00分 公開

プロジェクト:三井不動産ら3社、コレド室町に音声ナビシステムを導入

三井不動産は清水建設、日本IBMと共同で、バリアフリーナビゲーション「インクルーシブ・ナビ」のサービスを実装した。来街者は専用スマホアプリを用いて、音声と地図のナビゲーションを利用できる。

[BUILT]

 三井不動産は2019年10月11日、清水建設と日本IBMが共同で、「COREDO(コレド)室町1・2・3」を対象とした屋内測位環境を構築し、日本IBMのAI技術である「IBM Watson」の対話機能と連携した、バリアフリーナビゲーション「インクルーシブ・ナビ」のサービスを、同年10月より実装したと発表した。2017年2月に実施した「高精度な屋内外ナビゲーション・システムの実証実験」で用いられたサービスを「日本初の実装サービスとして展開」(同社)するものだ。

photo 高精度音声ナビゲーション・システム概要 出典:三井不動産

 来街者は専用のスマホアプリ「インクルーシブ・ナビ」を起動し、一般歩行者、車イス利用者、ベビーカー利用者、視覚障がい者といった属性を設定。次に対話やメニュー検索などにより目的地を設定する。目的地が決まると音声と地図によるナビゲーションが始まり、一般歩行者に対しては最短経路、車いす利用者やベビーカー利用者に対しては階段や段差のない経路を選定し、地図上に現在位置を示しながら、目的地にたどり着くまでに必要な情報を音声でほぼリアルタイムに提供するという。目的地の設定、音声ナビゲーションともに日本語と英語に対応する。

photo 車イス利用者のナビ利用の様子 出典:三井不動産

 同サービスでは、外国人・障がい者の方を含めたあらゆる人びとの活動を支援できる都市環境の構築と、それらを活用した日本の「おもてなし」の進化、バリアフリー・ストレスフリーな街づくりの実現を目的とし、三井不動産が運営するCOREDO室町1・2・3に至る、計約20,000平方メートルがサービス実装の対象エリアとなる。

photo 音声対話による店舗検索〜ナビゲーションの流れの例 出典:三井不動産

 今後、2019年冬に日本橋三井タワーへの拡大を予定。さらに、日本橋エリア内の他施設におけるサービスの導入、高精度測位技術を用いた新たなサービス提供や管理効率化なども検討している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.