ニュース
» 2019年11月26日 10時00分 公開

ロボット:斜張橋の長寿命化に役立つ装置を開発、斜材保護管内部の水分を測定可能 (2/2)

[BUILT]
前のページへ 1|2       

斜材延長100メートルのケーブル1本で1時間で調査完了

 西松建設の担当者は、水分測定装置の計測時間について、「測定速度はコロコロチェッカー本体と同じで、斜材延長100メートル程度のケーブル1本で1時間で調査完了。例えば、斜材延長が3000メートルあれば、総調査時間は30時間で、1日6時間作業をすると仮定すると、調査日数は5日かかる」と説明した。

 今後は、実橋で使用し、充填材の種類や状況が異なる各種斜材で水分測定精度を確かめ、保護管内部のケーブルの劣化要因を詳細に分析できる体制を構築し、斜張橋の長寿命化につなげる。また、鋼材の状態を可視化する機能の開発など、斜張橋の点検業務が安全かつ高精度に進められる技術の開発も推進していく。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.