まとめ
» 2019年11月20日 12時00分 公開

電子ブックレット:都市空間をIoTで守る「現代版火の見やぐら」構想

ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回紹介するのは、ALSOKが構想しているIoTやロボットなどの先端技術を採用したサイバー/フィジカル両面からの都市型セキュリティに関する講演のレポートです。

[BUILT]

ウェブサイトに掲載した記事を「電子ブックレット」として編集し直しました。BUILT読者会員の皆さまであれば、無料でダウンロードして読むことができます。

都市空間をIoTで守る「現代版火の見やぐら」構想

アイコン クリックでダウンロードページへ

 今回は、2019年2月に都内で開催された「ファシリティマネジメント フォーラム2019」での「ロボット・IoTを活用した施設・設備などの綜合管理」と題したALSOKの講演を振り返ります。ロボットやIoT機器を採り入れ、フィジカルな警備だけではなく、サイバーセキュリティも含めた未来のビル管理の姿が提案されています。

 下記から、ログインまたは会員登録後に無料でダウンロードできますので、国内大手の警備会社がこれからのビル(施設)におけるサイバー/フィジカルセキュリティをどのように考えているのか、ぜひご参考にしてください。

ダウンロードボタン

・ブックレットは無料でTechFactoryホワイトペーパーダウンロードセンターよりダウンロードできますが、読者登録が必要です。
・電子ブックレットは、PDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.