ニュース
» 2019年10月09日 07時00分 公開

資材動向:2019年度は全主要建材の伸長を予測、国土交通省

国土交通省は、建設資材の安定的な確保と業界の円滑な事業の促進を目的に、1976年から「建設資材需要連絡会合同会議」を継続的に開き、建材動向の情報共有を進めている。

[遠藤和宏,BUILT]

 国土交通省は2019年9月30日、都内で「令和元年度 建設資材需要連絡会合同会議」を開催し、2019年度の建設投資や主要建設資材の見通しについて説明した。

政府、民間投資ともに増加傾向

 2019年度の建設投資(国内の全建設活動における出来高ベースの投資額を推計したデータ)は、前年度比3.4%増の62兆9400億円を見込んでおり、内訳は全体の3割を占める「政府投資」が21兆6300億円で同比4.5%増を記録し、2016〜2019年の間では最大の伸びとなった。一方、民間投資は同比2.8%増の41兆3100億円で、緩やかな伸長にとどまった。

令和元年度 建設資材需要連絡会合同会議 出典:国土交通省
令和元年度建設投資(名目値) 出典:国土交通省

 2019年度のセメント、生コンクリート、骨材、木材、普通鋼鋼材、アスファルトで構成される主要建設資材の需要は、建設投資が2018年度比3.4%増を予想されていることに加え、建築部門は同比1.9%増の41兆2700億円、土木部門は6.3%増の21兆6700億円を見積もられているため、リフォーム・リニューアル分野を除き、伸長することが推察されている。

2019年度の主要建設資材の見通し 出典:国土交通省

 2019年度における各主要建材の需要量の予測では、セメントは2018年度比3.3%増の4400万トンで、2015〜2019年度の4100〜4200万トンの間をアップダウンしていた状況からの脱却を果たしたが、2008年度以前の5000万トン以上を維持していた時期と比較すると、低い値となる。

 生コンクリートは同比2.9%増の8800万立法メートルで、2014〜2017年度は、減少が続いていたが、2018年度から上昇に転じており、2019年度もその勢いが継続する。骨材は同比3.1%増の2万4700立法メートルで、2009年度から2万3000〜5000立法メートルの間を行き来している。砕石は同比2.9%増の1万2200立法メートル。アスファルトは同比4.7%増の130万トンで、2010〜2017年度は縮減の一途をたどっていたが、前年度から0.3%増となり、上向き傾向にある。

主要建設資材需要量の年度推移 出典:国土交通省
主要建設資材の国内需要量実績の推移 出典:国土交通省

 木材は同比3.4%増の950万立法メートルで、前年度の昨対比1.1%減からプラスに移行。普通鋼鋼材は同比2.3%増の2140万トンで、このうち、形鋼が0.4%増の480万トン、小型棒鋼が1.9%増の750万トンとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.