ニュース
» 2019年07月26日 08時00分 公開

猛暑対策展:酷暑の現場には「水冷」が効く、サンコーが冷却ベストを展示 (1/2)

「猛暑対策展」に出展しているサンコーが「水冷冷却クールベスト」を展示し、来場者の注目を集めている。建設業界など屋外作業者向けの暑さ対策用として拡販を図る。

[西坂真人,BUILT]

 サンコーは東京ビッグサイトで行われている「第5回 猛暑対策展」(開催期間2019年7月24〜26日、主催:日本能率協会)で、建設業界など屋外作業者向けの暑さ対策用品を展示。「水冷冷却クールベスト」の新製品が来場者の注目を集めていた。

photo サンコーが展示した「水冷冷却クールベスト」

 建設現場では夏場の熱中症予防対策として、小形扇風機(ファン)の風で体を冷却する電動ファン付きワークウェアの着用を励行しているが、水冷冷却クールベストはその名の通り“水”で冷却するウェア。真夏の耐久レースなどモータースポーツでの過酷な環境下でドライバーの体温を下げるウェアとして、ホースで冷却水をウェア内に循環させる「クールスーツ」があるが、水冷冷却クールベストはこれと同じ仕組みだ。

photo マジックテープでサイズを調整できる。「デザインにもこだわり、ミリタリー調のベストにした」(ブース担当者)
photo タンクを装着しても背中のふくらみはわずかだ

 背中に装着できるゴム製の専用タンク(最大容量2リットル)に水を入れて冷凍庫で直接凍らせ(もしくはロックアイスをタンクに入れ)、使用時に水を加えることで冷たい氷水がベストの中を循環し、体温を下げる。タンクを直接凍らせるときは1.5リットルの水を入れて凍らせ、使用時に水を400〜500ミリリットル追加して使うことを推奨している。

photo ゴム製の専用タンクに水を入れて凍らせ、使用時に水を加えることで冷たい氷水がベストの中を循環する

 水の循環には電動ポンプを使用。ベスト内蔵のバッテリーで最大8時間使用できるという。また今年の新モデルから、外付けのモバイルバッテリーやUSB電源を利用できる外部電源用USB端子も用意された。

photophoto
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.