VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2019年07月24日 08時00分 公開

AR:BPM、AR技術を活用した建物メンテナンス履歴管理アプリを開発

BPMは、ARを活用した建物メンテナンス履歴管理アプリ「Qosmos AR」を開発した。アプリに記録・保全した三次元(3D)データを閲覧することで、作業現場外から空間情報を把握できるようになる。

[BUILT]

 SaaS型建物メンテナンスERP開発を行うBPMは、AR(拡張現実)技術を応用した建物メンテナンス履歴管理アプリ「Qosmos AR」のiOS版を開発したことを明らかにした。

photo Qosmos ARの使用イメージ 出典:BPM

 Qosmos ARは、AR技術を活用した座標認識により施工現場の空間情報を3Dデータとして記録・再現できる。この機能により、ARで検出した平面への3Dピンの設置や簡易な3Dモデルの作成、サイバー空間上における3Dピンや3Dモデル写真の確認などが可能となった。

photo ARで検出した平面に簡易な3Dモデルを作成できる 出典:BPM

 Qosmos ARを導入した端末で現場を撮影していくだけでサイバー空間上に修繕履歴が蓄積されるので、現地に行かずとも建物内の設備情報や修繕履歴を把握できるようになる。こうしたデジタルツイン環境の実現によって、建設現場におけるメンテナンス業務の効率化が期待できる。

photo 修繕履歴などの3Dデータをサイバー空間上に記録・再現 出典:BPM

 BPMは2011年の創業以来、建物メンテナンスの施工管理やリノベーションなどを行ってきた。2017年からはそれまでに培ったノウハウを生かし、建物メンテナンスの改善や効率化を目的とするSaaS型建物メンテナンスERPの開発に注力している。SaaSはアプリケーションをユーザー側でなくプロバイダー側のコンピュータで稼働させ、ユーザーはアプリの機能を必要な時に必要な分だけネットワーク経由で利用するサービス形態。

 同社は今後もQosmos ARの開発を続け、先進的な機能の試作・実装を進めていくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.