ニュース
» 2019年07月17日 05時17分 公開

ロボット:維持管理計画にも役立つビル壁面を走行する“打音検査ロボット”、5分で1m2を点検 (1/2)

高松建設と青木あすなろ建設は、「壁面走行ロボットによる外壁点検システム」を開発し、2019年8月から実物件で運用を開始する。ビル壁面の点検にロボットを採用することで、足場の仮設が不要となり、コスト削減や点検期間の短縮がもたらされる。

[石原忍,BUILT]

 高松コンストラクショングループの高松建設と青木あすなろ建設は2019年7月16日、非破壊検査の協力を得て、ビル壁面を走行する点検ロボットを開発したと発表した。

カメラでひび割れ確認と、打診で打音検査を行う

壁面走行ロボット 提供:高松建設

 3社が共同開発した外壁点検システムは、ロボットが壁面を自走して壁面を打診し、診断結果をデータ化して分析・蓄積することで、今まで以上に高精度な診断が実現する。

 ロボットは、下部に自走用のローラー、上部には中央にバキュームチャンバーと防音カバー、カメラユニット、自己位置推定ユニット、打診測定器ユニットを搭載。壁面走行の仕組みは、バキュームチャンバーで空気を吸引し、壁面に吸着させながら、ローラーの回転で走行する。最大速度は毎秒6ミリで、19ミリ程度の段差は乗り越えることができ、壁面の材質に左右されず、緩やかな曲面部にも対応する。

「壁面走行ロボットによる外壁点検システム」を実際の建物に適用した外壁診断(2019年2月) 提供:高松建設
壁面に吸着して走行するロボット 提供:高松建設
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.