ニュース
» 2019年05月31日 12時30分 公開

製品動向:エプソンが“丸の内”に提案型ショールーム、大判プリンタなど全製品を集結 (1/3)

エプソンのショールーム「エプソンスクエア」が新宿から丸の内へ移転し、2019年5月30日にオープンした。インクジェットプリンタ、プロジェクター、時計、PC、ロボティクスなどコンシュマー/ビジネス問わずにエプソン製品を集結させ、グループをけん引するオープンイノベーションの拠点となることを目指す。

[石原忍,BUILT]

 エプソンは、東京・丸の内にユーザーが体験・体感できるソリューション提案型のショールーム「エプソンスクエア丸の内」(東京都千代田区丸の内3-4-1新国際ビル1F、2F)を2019年5月30日にオープンさせた。

オープンイノベーション拠点として新しい価値を共創

東京メトロ「有楽町」駅に直結する「エプソンスクエア丸の内」

 館内には、エプソンのインクジェットプリンタ(IJP)やプロジェクターといった製品群を一堂に集め、「ビジネス」「プロダクション」「パーソナル」「epSITE(エプサイト)」の4つのゾーンで、各用途に応じた製品を提案する。

 ビジネスゾーンでは、オフィス、店舗、学校での利用シーンを想定して、環境配慮型のプリンタ、タブレットPOSによるレジ業務の効率化、電子黒板やプロジェクターなど教育現場でのICT活用といった各ブースを展開。同時にリサイクル用紙など、今後の循環型社会を支えるテクノロジーも訴求している。

ビジネスゾーンのオフィス提案
プロジェクタや水性プリンタなどを活用したエプソンが考える次世代の教育現場

 2階のプロダクションゾーンでは、B2B向け大判プリンタSureColorシリーズの実機を展示。CAD/POP向けの水性機をはじめ、サイン・ディスプレイ用のエコソルベントインク搭載IJP、主にスポーツアパレルのプリントができる昇華転写機、Tシャツプリントのガーメントプリンタなどが顔をそろえる。

 壁紙、サインボード、ウィンドウ装飾など内装向けの出力物も掲出され、プリント後の高精細な画質が確認できる他、出力デモンストレーションや導入前の課題や運用上の相談にも応じるという。

スタンド取り外しが可能な「SC-T3150」などCAD向け水性大判プリンタ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.