ニュース
» 2019年05月20日 05時17分 公開

九州電力が送電線建設工事にパワードウェア「ATOUN MODEL Y」を試験導入 (1/2)

ATOUNのパワードウェア(装着型ロボット)が九州電力の日向(ひゅうが)幹線新設工事の現場に試験導入された。

[谷川整,BUILT]

 パワードウェアの開発・販売を手掛けるATOUN(アトウン)は、提供している「ATOUN MODEL Y」が九州電力の日向(ひゅうが)幹線新設工事で試験導入されたと発表した。九電グループの九建が機体2台を購入し、架空送電線建設に伴う作業で有効性を検証。装着者2人での共同作業でも、作業効率が向上することが確認された。

作業員2人による共同作業でも「息を合わせやすい」

「ATOUN MODEL Y」 出典:ATOUN
装着イメージ 出典:ATOUN

 MODEL Yは、バックパックのように背中へ装着することで、腰の動きをセンサーが捉え、重量物の上げ下ろしに伴う腰部への負担をモーターの力で軽減する“着るロボット”。

 着用者の腰の伸展を助ける「アシストモード」、モーターを切り動きやすくする「歩行モード」、体をゆっくり下ろす動作をサポートする「ブレーキモード」の3つの機能を実装し、動作に応じて自動で各モードが切り替わる。防塵(ぼうじん)/防水対応で、化粧品製造プラントや農作業現場などで既に導入されている。

物を持ち上げる動作をアシスト 出典:ATOUN
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.