ニュース
» 2019年05月08日 14時33分 公開

プロジェクト:渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)2019年11月に開業 (1/2)

渋谷スクランブルスクエア、東急電鉄、JR東日本、東京メトロの4社は、建設を進めている大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)」を2019年11月に開業することを決定した。

[谷川整,BUILT]

 渋谷スクランブルスクエア、東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄の4社は、東京・渋谷区で建設を進めていた大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)」を2019年11月にオープンすることを公表した。

 東棟には、渋谷エリアで最高度となる約230メートルの建物屋上に日本最大級の展望施設「SHIBUYA SKY(シブヤスカイ)」を設ける他、オフィスフロアや産業交流施設「SHIBUYA QWS(シブヤキューズ)」を収容する。建物の地下から地上への移動では、街の回遊性を高める歩行者動線「アーバン・コア」を整備し、にぎわいを創出する。

渋谷エリア最高度230メートルに国内最大級の屋上展望施設

「SHIBUYA SKY」屋上展望空間からの眺望イメージ 出典:JR東日本
「SHIBUYA SKY」屋上からのスクランブル交差点 出典:JR東日本
商業施設7階イベントスペースイメージ 出典:JR東日本

 施設の場所は、東京都渋谷区渋谷2-23他で、JR「渋谷」駅に直結している。建物は地下7階/地上47階建て、延べ床面積は18万1000平方メートル。設計者は日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本建築設計事務所、メトロ開発の4社が構成する渋谷駅周辺整備計画JV(共同企業体)。デザインアーキテクトを日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所が担当している。施工者は東急建設と大成建設が結成した渋谷駅街区東棟新築工事JV。運営は、東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄の3社が出資する渋谷駅スクランブルスクエアが行う。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.