ニュース
» 2019年01月21日 07時00分 公開

産廃の“戻りコン”を再生する環境コンクリ、「藤沢公民館建設」に6000m3適用され藤沢市内の廃棄量600tも削減!コンクリート技術(2/2 ページ)

[石原忍,BUILT]
前のページへ 1|2       

「東京ミッドタウン日比谷」に1万5000m3を導入

 エコクリートR3は、戻りコンから骨材を取り除いた後、脱水、粉砕して製造するスラッジ再生セメント「Cem R3(セムアールスリー)」をセメント全体の20%使用している。強度は一般的なコンクリートと同等で、施工後もひび割れが無い良好な状態を維持し、高い品質を確保する。

 2016年に、第三者証明として日本建築総合試験所の技術性能証明(GBRC性能証明 第16-10号)を取得し、2017年には、三和石産藤沢工場で生コンJIS認証を取得。躯体コンクリートにリサイクル材を活用したことは、建築物の環境性能評価にも大きく寄与する。

戻りコン再生セメント「Cem R3」の製造工程 出典:鹿島建設

 エコクリートR3を適用した藤沢公民館・労働会館等複合施設建設工事は、神奈川県藤沢市本町で進めれており、建物の構造・規模は、RC造・地上5階建て、延べ床面積7948m2(平方メートル)。設計は鹿島建設と梓設計、施工は鹿島建設が担当し、工期は2016年6月〜2019年2月。

 鹿島建設では、エコクリートR3以外にも、多様なニーズに応える環境配慮型コンクリートを「エコクリートシリーズ」としてラインアップ。「地上躯体用コンクリート(エコクリートBLS」は、Cem R3と高炉スラグをバランスよく配合して、CO2排出量を25%削減した製品。中性化しにくく、地上躯体にも使えるなど汎用性が高い。

順天堂大学キャンパス・ホスピタル再編事業(仮称)新研究棟建設計画のイメージパース 出典:鹿島建設

 「地下躯体用コンクリート(ECMコンクリート)」は、NEDOプロジェクトで1大学7企業で共同開発。低発熱の高炉セメントを利用し、大断面部材で発生する ひび割れを抑制し、製造時のCO2排出量を60〜70%削減する。事例では2018年開業した「東京ミッドタウン日比谷」で、1万5000m3が適用されている。

 「CFT(Concrete Filled Steel Tube)柱充填用コンクリート(エコクリートKKC)」は、高炉セメントを改良し、製造時のCO2排出量を40%低減。鋼管の内部にコンクリートを充てんするCFT柱に適した高い流動性を有する。2020年に完成が見込まれる東京・文京区「順天堂大学」の新研究棟建設で、370m3が導入されている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.