VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
特集
» 2018年09月05日 06時00分 公開

CIMソフト「TREND-CORE」が点群データに対応、VRデータ作成も容易に建設・測量生産性向上展(2/2 ページ)

[石原忍,BUILT]
前のページへ 1|2       

2018年度に新設されたICT河川浚渫工に対応

 国土交通省が推進する「i-Construction」の普及拡大に伴い、土木分野だけでなく、測量や建設コンサルタントでも3D点群データの活用は広がっている。こうした背景から、NETIS(新技術情報提供システム)に登録されている「TREND-POINT」は新バーションで、2018年度に新設されたICT河川浚渫工での出来形管理への対応の他、各要領(案)改訂に準拠し、幅広い工種での利用に応える。

 TREND-POINTは、点群データの処理・活用を支援するアプリケーション。膨大な点群データを快適に取り扱えるだけでなく、豊富なフィルターによる点群データの加工や断面作成、メッシュ土量計算などが行える。i-Constructionの出来形管理要領に準拠した成果作成にも対応している。

色や形状によるトレース 提供:道端組
縦横断のDXF/DWG形式出力 提供:福井コンピュータ

 新しく加わる機能としては、3Dトレースを強化し、形状や色境界の自動抽出でトレース時間を大幅に削減。トレース位置を中心に画面を自動スクロールするため、画面移動の手間を軽減している。出力は、3Dメッシュ(TIN)/等高線/トレース線/縦横断/任意断面をDXF/DWG形式で出力できるという。

集合体の選択と、選択部分の分割(ON/OFF) 提供:道端組

 他の機能では、集合体の抽出による指定範囲選択や点群分割機能の強化、3Dメッシュの自動作成、三角網くり抜きなどが追加される。

 「i-Construction」各種要領(案)に関しては、新設されたICT河川港湾浚渫工、改訂されたICT土工・舗装工・港湾浚渫工へ対応する。

 TREND-POINT Ver.6の価格は、標準セットで100万円〜(税別)。

TREND-POINT Ver.6の画面 提供:福井コンピュータ
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.