VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
インタビュー
» 2018年09月03日 06時00分 公開

建設×VR/AR/MR:東急建設が進めるVR技術を駆使した安全衛生教育と建設業の魅力発信。企画・開発に携わった伊藤誠氏に聞く (3/3)

[宮城谷慶一郎,BUILT]
前のページへ 1|2|3       

ケーソン工事に続き、山岳トンネル工事のコンテンツ配信も

――一般層に向けたVR技術によるスマホアプリとは

伊藤 工事現場は、安全面から作業員以外が立ち入ることは難しく、見学するような機会も少ない。そこで、リコーの360度カメラ「RICOH THETA(リコーシータ)」で現場映像を撮影し、工事が進む過程を簡易ゴーグルで視聴できるサービスも試みている。施主や周辺住民に対する説明、社員教育などに役立てている他、学生に向けた建設業の魅力発信にも活用している。

ゼネコン社員の1日を仮想体験、事務作業の様子
測量を疑似体験

 2018年6月には、VR技術を用いたスマートフォン用アプリ「新入社員の1日VR」の一般への提供を開始した。これは、建設現場の施工管理業務を疑似体験できるもので、体験者は測量の業務に携われるなど、具体的な仕事内容を一日の流れに沿って体験可能とし、学生や一般の方にも分かりやすい構成を目指した。

KYK(危険予知活動)を体験

 これに加え、雨水や汚水を吸揚し、送水・放流するポンプ所築造の施工現場をVRで体感する「業平橋ポンプ所 ケーソン工事」のバージョンも公開している。いずれのアプリも無料で提供しており、市販のVRゴーグルを使って体験可能なほか、ゴーグルがなくてもスマートフォンと簡易HDMさえあれば、360度映像を視聴することができる。近く、山岳トンネル工事のコンテンツも配信する予定だ。

東急建設 伊藤誠氏

――今後のコンテンツ開発

伊藤 建設業の三大災害である「墜落・転落災害」「建設機械・クレーン等災害」「倒壊・崩壊災害」のそれぞれのコンテンツは取りそろえたいと企画している。既に、建設機械・クレーン等災害は2018年5月に完成。内容は、定格荷重をオーバーしたクレーンが倒れてくるシーンなどで構成し、重機周辺で働く作業員の注意喚起を促すようなものになっている。残りの倒壊・崩壊災害に関しては、ビルの床を工事する際に下の支えが足りず崩れてしまうケースなどを想定している。

 引き続き、コンテンツの充実化を図り、建設現場の作業員や協力会社の安全衛生教育へ展開、安全意識を喚起していくことで、“災害事故ゼロ”へ寄与していきたい。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.