ニュース
» 2023年10月16日 10時00分 公開

ダイキン工業が遠赤外線と温風を組み合わせた暖房機「ハイブリッドセラムヒート」を発売BAS(1/2 ページ)

ダイキン工業は、遠赤外線暖房機「ハイブリッドセラムヒート」を発売した。体を芯から暖めて持続性のある遠赤外線と、温風を素早く吹き出し、広範囲を暖める機能を組み合わせた製品だ。

[BUILT]

 ダイキン工業は、遠赤外線暖房機「ハイブリッドセラムヒート」を2023年10月1日に発売した。

自動で温風と遠赤外線の割合を変化する「ハイブリッド自動運転」

ハイブリッドセラムヒート ハイブリッドセラムヒート 出典:ダイキン工業プレスリリース

 ハイブリッドセラムヒートは、自動で温風と遠赤外線の割合を変化させる「ハイブリッド自動運転」を搭載。起動時に温風で足元から素早く温度を上げ、徐々に温風を抑えて、体を芯から暖め、温もりが持続する遠赤外線に切り替わる。ハイブリッド自動運転以外にも、遠赤外線で体を芯から暖める「輻射運転」、足元から暖かさが広がる「温風運転」の3つの運転から選べる。

ハイブリッド自動運転 ハイブリッド自動運転 出典:ダイキン工業プレスリリース
遠赤外線の効果 遠赤外線の効果 出典:ダイキン工業プレスリリース

 本体前面から空気を吸い込んで、パネルの温度上昇を防ぐ「パンチングパネル構造」を採用し、前面パネルの表面温度を業界で最も低い最大50度以下に制御する「ひかえめモード」を備え、本体内部の熱を効率よく用いて温風を送る。

パンチングパネル構造 パンチングパネル構造 出典:ダイキン工業プレスリリース
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.