ニュース
» 2023年10月02日 17時00分 公開

「ARCHITREND ZERO」の最新バージョンが10月18日発売 2025年の省エネ適合義務化やリノベ需要に対応CAD

福井コンピュータアーキテクトの建築CADソフトウェア「ARCHITREND ZERO」が、新バージョンにアップデートした。Ver.10は、今後のリノベーション需要を見込んだワンストップの業務効率化オプションに加え、省エネやフォトリアルのパース作成といった機能強化も図っている。

[BUILT]

 福井コンピュータアーキテクトは、最新版の3D建築CADシステム「ARCHITREND ZERO Ver.10」を2023年10月18日にリリースする。

リノベ業務をワンストップでデータ連携する新オプション「リノベーション」

 ARCHITREND ZEROの新オプション「リノベーション」は、現地調査から、現況図、計画図、パースの作成、耐震診断まででデータがシームレスに連携し、リノベーション業務をワンストップでアシストする。現況調査アプリ「りのべっち」の図面や写真データなどをクラウド経由で取り込めるので、現況調査から、水廻りや増改築、耐震診断までの業務効率化を実現する。

ARCHITREND ZEROの新オプション「リノベーション」のイメージ ARCHITREND ZEROの新オプション「リノベーション」のイメージ 出典:福井コンピュータアーキテクトプレスリリース
りのべっちデータをクラウド経由でARCHITREND ZERO に連携。調査スタッフと設計スタッフのワークフローがスムーズに りのべっちデータをクラウド経由でARCHITREND ZERO に連携。調査スタッフと設計スタッフのワークフローがスムーズに 出典:福井コンピュータアーキテクトプレスリリース

 さらに、リノベーション前後の図面やパースも、ワンクリックで現況図のBeforeと計画図のAfterを比較表示し、プラン確認や施主への提案でも理解が得やすくなった。

計画図と現況図の比較コマンドを搭載。計画図の作成や施主への提案時にワンクリックで BeforeとAfterの検討が可能に 計画図と現況図の比較コマンドを搭載。計画図の作成や施主への提案時にワンクリックで BeforeとAfterの検討が可能に 出典:福井コンピュータアーキテクトプレスリリース

 耐震診断では、新たに一般診断法を内包し、日本建築防災協会「木造住宅耐震診断プログラム評価」を取得する予定。

 作業指示一括自動コマンドでは、解体や新設などの作業指示を図面に自動登録し、図面間のデータ相違部分が一目で分かり、指示漏れなどのミスを軽減する。

現況図と計画図を自動比較して図面間のデータ相違部分を確認できる作業指示一括自動コマンド 現況図と計画図を自動比較して図面間のデータ相違部分を確認できる作業指示一括自動コマンド 出典:福井コンピュータアーキテクトプレスリリース

 2025年の省エネの適合義務化を見据え、「ARCHITREND 省エネナビ」も大幅にブラッシュアップ。コスト比較シミュレーションや省エネ説明時に有効な提案書の作成など施主向けのプレゼンテーション機能を拡充し、今後の申請計算や手続きといった省エネ業務の省力化につながる。具体的には、平面図の外皮チェック機能から、建築研究所のWebサイト「エネルギー消費性能計算プログラム」を起動せずに、省エネナビを直接起動してフレキシブルに省エネナビからダイレクトに計算書のPDF出力に対応する。

省エネのコスト比較シミュレーションはワンタッチ。提案書テンプレートも刷新して省エネ性能説明義務化対策をサポート 省エネのコスト比較シミュレーションはワンタッチ。提案書テンプレートも刷新して省エネ性能説明義務化対策をサポート 出典:福井コンピュータアーキテクトプレスリリース
省エネナビからダイレクトに計算書のPDF出力が可能 省エネナビからダイレクトに計算書のPDF出力が可能 出典:福井コンピュータアーキテクトプレスリリース

 ARCHITREND ZEROのオプションでCG制作の「ARCHITREND V-style」は、パースモニターからの直接起動や明るさの自動調整、太陽光や部品光源の陰影/凹凸表現の拡張などで、ワンランク上のフォトリアルパースがより手軽に作成可能になる。高品質HDRI背景も10種類以上追加し、空のみの背景でさまざまなシーンで利用が想定される。

太陽光や部品光源の陰影の柔らかさ調整機能を追加 太陽光や部品光源の陰影の柔らかさ調整機能を追加 出典:福井コンピュータアーキテクトプレスリリース
10種類以上が新たに加わった高品質HDRI背景 10種類以上が新たに加わった高品質HDRI背景 出典:福井コンピュータアーキテクトプレスリリース

 また、ユーザーの要望に応える形で、ファミリークローゼットやシューズクロークなど収納設計、エクステリアの重点的な改善、表現の改善(部品単位の表示切替)、図面印刷の図枠登録面数を500面に拡張などの改善を図った。

 ARCHITREND ZERO Ver.10の価格は、ZERO基本構成で90万円〜(平面図、天井伏図、屋根伏図、配置図、立面図、ARCHITREND Manager)、新規オプションのリノベーションは25万円でオプション動作にはZERO基本構成が必要(いずれも税別)。

 福井コンピュータアーキテクトでは、ARCHITREND ZERO Ver.10リリースに合わせ、公式Webサイトに「ARCHITREND ZEROではじめるリノベーション!」と題して、リノベーションに関するナレッジ動画やARCHITREND ZEROの便利機能、セミナー情報、お役立ちコンテンツなどを掲載したポータルサイトを開設する。リノベーション業務に取り組もうとされるユーザーに有益な情報を提供していくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.