ニュース
» 2023年08月31日 18時00分 公開

センシンロボティクスの「ドローン太陽光パネル点検」が旭電業に採用ドローン

センシンロボティクスのドローンを使った太陽光パネル点検アプリケーション「SOLAR Check」が旭電業に採用され、点検時間の短縮に役立っている。

[BUILT]

 センシンロボティクスは、ドローンによる太陽光パネル点検「SOLAR Check」が、旭電業に採用されたと2023年7月31日に明らかにした。

AIで異常な太陽光パネルとその発生場所を自動検出

太陽光パネル点検のイメージ 太陽光パネル点検のイメージ 提供:センシンロボティクス

 旭電業は、大型太陽光発電所をはじめとする高圧から特別高圧まで複数の太陽光発電所で運転保守管理やメンテナンス業務を行っている。担当する太陽光パネルは、全発電所を合わせると900メガワット以上にのぼり(2023年6月時点)、点検には多くの時間を要していた。また、目視による点検はエビデンスを残しづらいといった課題もあった。

「SOLAR Check」の太陽光パネル点検 「SOLAR Check」の太陽光パネル点検 提供:センシンロボティクス

 センシンロボティクスのSOLAR Checkは、赤外線サーモグラフィーカメラを搭載したドローンの自動航行とAIによる画像解析、点検結果レポート出力までを一気通貫で提供する。

 自動航行で撮影するため、特別な技術を必要とせずに、現地スタッフが自身で点検できるようになる。また、AIによって自動で異常パネルとその発生場所が分かるため、迅速な点検結果レポートの出力が可能になる。

「SOLAR Check」の画面 「SOLAR Check」の画面 提供:センシンロボティクス

 導入企業の旭電業は、SOLAR Checkのメリットとして、自動航行で撮影を行うことでオペレーターによる撮影結果のバラつきがなくなったことを挙げる。「平均27万枚、最も大きい発電所では、75万枚のパネルを四半期で点検しなければならず、目視点検では膨大な時間がかかっていた。ドローン活用で、効率的かつ品質向上が実現し、導入後もカスタマーサクセスチームの運用支援が受けられるので、安心して点検業務に注力できる」とコメント。

 また、危険箇所の撮影に有効なため、太陽光パネル以外にも、山間部で人が立ち入れない外周フェンスの点検や災害時の調整池の水位計測などにも活用しているという。

「SOLAR Check」の太陽光パネル点検 「SOLAR Check」の太陽光パネル点検 提供:センシンロボティクス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.