まとめ
» 2022年11月17日 12時00分 公開

AirbnbやLINEのオフィスを手掛けた設計事務所の“細胞からデザインする”働き方改革電子ブックレット(BUILT)

ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、東京・代々木上原で、誰もが足を運べ多忙なワーカーの食生活を改善する「社食堂」を併設運用している建築設計事務所「SUPPOSE DESIGN OFFICE」のインタビュー取材の再録です。

[BUILT]

ウェブサイトに掲載した記事を「電子ブックレット」として編集し直しました。BUILT読者会員の皆さまであれば、無料でダウンロードして読むことができます。

AirbnbやLINEのオフィスを手掛けた設計事務所の“細胞からデザインする”働き方改革

アイコン クリックでダウンロードページへ

 ここ最近では「働き方改革関連法」以降、国内の企業でも働き方そのものや働く場所に変化の兆しが見られています。特にコロナ禍で期せずして定着したリモートワークは、これまでの旧態然とした日本の働き方を刷新。その後のwithコロナとともに、ABW(Activity Based Working)をはじめ、シェアオフィス、ワーケーションなど、働く環境はより一層、多様化をみせています。

 LINEやAirbnbなど、先進的なオフィス空間の設計を手掛ける建築設計事務所「SUPPOSE DESIGN OFFICE(サポーズデザインオフィス)」は、「代々木上原」駅近くの渋谷区大山町にある東京オフィスでは、多忙なワーカーの食生活を改善する「社食堂」を併設しています。「なぜ、設計事務所が食堂を運営するのか?」本ブックレットでは、新進気鋭の設計事務所が考える設計面からの働き方改革のアプローチをインタビューから探っています。

 電子ブックレットは下記より、ログインまたは会員登録後に無料でダウンロードできます。

ダウンロードボタン

・ブックレットは無料でTechFactoryホワイトペーパーダウンロードセンターよりダウンロードできますが、読者登録が必要です。
・電子ブックレットは、PDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.