ニュース
» 2021年10月01日 07時00分 公開

大成建設らが工場向け局所排気技術を開発、排気効率は従来比66%アップの約75%空調機器

大成建設は、クリフと共同で、作業空間との干渉がなく、生産機器の更新と移設に際しダクトの取り外しが発生しない局所排気技術「T−トルネード排気ユニット」を工場向けに開発した。今後は、工場などの新築と改修工事で、室内空気環境の改善を効率良く実現する技術として提案する。

[BUILT]

 大成建設は、クリフと共同で、工場内における工業機械などの生産機器から発生するオイルミストなどを含む汚れた空気を効率良く捕集して排気する局所排気技術「T−トルネード排気ユニット」を開発したことを2021年8月23日に発表した。

単一機器で旋回流を生じさせることが可能

 工場では、生産機器からオイルミストといった汚れた空気が生じ、適切な排気が行われない場合、室内の空気環境が悪化し作業者の健康リスクが高まる。そのため、排気により汚れた空気が拡散する前に、効率良く捕集した上で排気する必要がある。解決策として、工場では、生産機器に排気ダクトを直接接続する方法やカバーなどで覆うといった手法が採用されている。

 しかし、上記の手段では生産機器の更新と移設に際して排気ダクトの取り外しが求められる他、機器自体をカバーで覆うことは作業空間が制約されるという課題があった。

 そこで、大成建設は、排気ダクト中央部での換気とその周囲から円周状に吹き出す給気を組み合わせることで、トルネード(旋回流)状態を発生させ、汚れた空気の排出効率を向上させる技術のT−トルネード排気ユニットを開発した。

従来方式(左)とT−トルネード排気ユニット(右)による換気 出典:大成建設プレスリリース

 T−トルネード排気ユニットは、天井から吊り下げて装着するため、作業空間との干渉がなく、生産機器との接続も不要で、設備の更新と移設に際しダクトの取り外し作業が生じない。さらに、旋回流を発生させる時は、これまでは対象機器を壁などで囲い複数の気流装置を分散配置させるなどの対応が必要だったが、今回の技術では単一機器で旋回流を生じさせることが可能なため、作業空間や機器レイアウトに合わせて排気ユニットを自由に設けられる。

 両社は、T−トルネード排気ユニットの実機を製造し、性能を確かめるために、排気効率の測定試験を実施した。その結果によれば、従来の排気口による排気効率の約9%と比較して、T−トルネード排気ユニットの排気効率は66%高い約75%であることが分かった。このことから、T−トルネード排気ユニットは、室内の空気環境を改善し、作業者の健康リスクの減らせることが判明した。

従来方式(左)とT−トルネード排気ユニット(右)による排気効率 出典:大成建設プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.