ニュース
» 2021年09月30日 09時00分 公開

浜松サービスエリアのトイレ清掃にロボを活用、中日本ハイウェイ・メンテナンス東名FM

中日本ハイウェイ・メンテナンス東名は、「E1A新東名高速道路(新東名)」の浜松サービスエリア(下り)に、日本信号製清掃ロボット「CLINABO」を導入し、業務効率を高めている。

[BUILT]

 NEXCO中日本のグループ会社である中日本ハイウェイ・メンテナンス東名は、「E1A新東名高速道路(新東名)」の浜松サービスエリア(SA、下り)に設置されたトイレの清掃業務で日本信号製清掃ロボット「CLINABO(クリナボ)」を2021年7月9日から活用している。

 この取り組みは、NEXCO中日本が推進する「次世代技術を活用した革新的な高速道路保全マネジメント(i-MOVEMENT)」の一環で、「維持作業(清掃および植栽作業)の機械化による省力化」につながる技術。

2022年度以降にNEXCO中日本管内のSAとPAで床清掃ロボットを導入する予定

 今回使用するCLINABOは、あらかじめ決定したルート上を手動で移動させ、経路を記憶させた後は、自動設定で指定したエリアの清掃を行え、通路の床やロビーの清掃に適している。取り付けられた超音波センサーなどにより段差での落下や障害物との衝突を防げる。バッテリー1個当たりの連続稼働時間は約3時間で、1回の利用で4800平方メートルを清掃できる。機体のサイズは700(幅)×994(奥行き)×1094(高さ)ミリで、重さは約220キロ。

日本信号製清掃ロボット「CLINABO」 出典:NEXCO中日本プレスリリース

 浜松サービスエリアでは以前、ロビー、男女トイレ内の洗面エリア、通路、小便器、個室トイレを順に清掃していたが、CLINABOを導入後は、トイレの床掃除でCLINABOを用いて、全体の清掃時間を約1割短縮している。さらに、床の掃除は、1日1回で、全体の清掃後、定期的な見回りで汚れている場合に実施されていたが、CLINABOにより清掃頻度を高め、トイレの快適性を向上。

 今後、中日本ハイウェイ・メンテナンス東名は、浜松SA(下り)に採用されたCLINABOの有効性を踏まえ、2022年度以降にNEXCO中日本管内のSAとパーキングエリア(PA)で床清掃ロボットを導入する予定だ。

 また、汚れが見えにくい小便器の下や裏側などは、手鏡を照らしながら窮屈な体制でスタッフが清掃を実施している現状を考慮し、小便器、個室トイレ、多機能トイレの掃除で役立つ「清掃ロボット」の開発を進めている。

浜松サービスエリアでの「CLINABO」と新清掃ロボットの活用エリア 出典:NEXCO中日本プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.