ニュース
» 2021年02月15日 08時00分 公開

八丈島で防災IoTセンサーを活用したスマート防災の実証試験導入事例

応用地質、日本工営、みずほ銀行、みずほ情報総研、Blue Labは、2020年12月より、東京都八丈町と共同で、八丈島での防災IoTセンサーを活用したスマート防災の実証試験を開始した。パトロールや避難誘導に対するアラート情報の有効性を検証し、どのような防災対策やまちづくりが必要かコンサルティングする。

[BUILT]

 応用地質、日本工営、みずほ銀行、みずほ情報総研、Blue Labは、2020年12月から東京都八丈町と共同で、八丈島での防災IoTセンサーを活用したスマート防災の実証試験を開始した。

 全国各地では、気候変動の影響で大型台風や豪雨などによる洪水・内水氾濫・高潮などの水害や土砂災害が発生し、多くの被害が出ている。八丈島は降水量が多い地域であり、火山由来の複雑な地形と地質から、土砂災害の危険箇所が多数ある。災害時には離島という特性から、発災前後は島内の人員や物資のみで対応しなければならず、いかに状況を迅速に把握し、災害対応のリードタイムを確保するかが重要な課題である。

 実証試験では、八丈島内に応用地質が開発した土砂災害の発生を検知するIoTセンサーの「クリノポール」、および冠水や水路の増水を検知するIoTセンサー「冠すいっち」を設置し、土砂災害や増水の状況をモニタリングする。防災IoTセンサーから得られるモニタリングデータはクラウドサーバに集約され、事前に設定する安全基準を超えたタイミングでクラウドからアラート情報を関係者に通知する。

 このように、実証試験では発災前後の警戒パトロールや避難誘導に対する、アラート情報の有効性を検証し、その上で日本工営がどのような防災対策やまちづくりを行うべきかコンサルティングする。今回得られる災害情報をスマートアイランド化の取り組み全体の中で活用しながら、スマート防災態勢の構築を共同で検討している。

クリノポール(左)と「冠すいっち」(右) クリノポール(左)と冠すいっち(右) 出典:応用地質
モニタリングデータ管理画面 モニタリングデータ管理画面 出典:応用地質

 みずほ銀行とみずほ情報総研、Blue Labは、2020年8月より八丈島においてデジタルテクノロジーなどを用いて地域課題の解決を図る「スマートアイランド化」の実現に向けた取り組みを実施している。今回の実証試験では、スマート防災実現のため、防災分野に強みを持つ地質調査の応用地質と建設コンサルタントの日本工営が参画している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.