まとめ
» 2020年10月20日 12時00分 公開

電子ブックレット(BUILT):八千代エンジがCIM導入を決めた5つの理由と独自のCIM資格制度の全貌

ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回紹介するのは、オートデスク主催のプライベートイベント「Autodesk University Japan 2019」で、八千代エンジニヤリングがCIMを導入した理由などについて解説した講演を採り上げます。

[BUILT]

ウェブサイトに掲載した記事を「電子ブックレット」として編集し直しました。BUILT読者会員の皆さまであれば、無料でダウンロードして読むことができます。

八千代エンジがCIM導入を決めた5つの理由と独自のCIM資格制度の全貌

アイコン クリックでダウンロードページへ

 2019年10月に都内で開かれた「Autodesk University Japan 2019」から、八千代エンジニヤリングのセミナーをPDFに再録します。

 八千代エンジニヤリングは、1963年に設立した総合建設コンサルタント。2014年には「CIM推進室」を立ち上げ、2015年からは全社を挙げてCIMの有効活用を推進しています。セッションでは、同社がこれまで行ってきたCIMへの挑戦を振り返りつつ、CIM導入を決めた5つの理由やCIMを扱える人材の育成を目的に整備した独自の資格制度など、CIM移行への全貌が明らかにされました。

 電子ブックレットは下記より、ログインまたは会員登録後に無料でダウンロードできます。

ダウンロードボタン

・ブックレットは無料でTechFactoryホワイトペーパーダウンロードセンターよりダウンロードできますが、読者登録が必要です。
・電子ブックレットは、PDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.