ニュース
» 2020年05月26日 07時00分 公開

施設の防犯や新型コロナ対策になる建物管理システム「スマートビルディング」5G Co-Creation Working カンファレンス Spring 2020(3/3 ページ)

[遠藤和宏,BUILT]
前のページへ 1|2|3       

保育士の負担を減らす児童の見守りシステム

 セッション終盤には、安心・安全WGでアイデアとして挙がっている「スマート保育園(仮称)」と「スマートケアホーム(仮称)」の概要をスライド画像で披露した。

 スマート保育園について、鈴木氏は、「保育園で預かる子供を見守るシステムで、保育士の負荷を軽減させるためにも、事業化に向け話し合いを進めていきたい。東京都では、毎年5000人以上の待機児童がおり、原因の1つが保育士の人材不足とされている。厚生労働省の資料によれば、全国で、年間7万4000人が保育士資格を取得しているが、約半数が保育士という職業を希望しないという。理由について、全体の40%が責任の重さと事故への不安を列挙している」とコメントした。

スマート保育園の概要 提供:NEC

 スマートケアホームについては、「オンライン診療が行えるシステムで、新型コロナウイルス感染症対策にもなる他、将来的に国内で起こる超高齢化社会でも有効に機能するため、事業化に注力したい」と語った。

 最後に、今後の展望について、「6月11日から始まる5G Co-Creation Working カンファレンスシーズン3では、建設、交通、流通といった他のWGと協業することを本格的に開始する。また、2020年度に製品コンセプトを事業化することを目標に、パートナー企業を募るとともに、さまざまな業界のリサーチやコンセプトの質を高めることに力を注いでいく」とまとめた。

スマートケアホームの概要 提供:NEC
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.