ニュース
» 2020年01月21日 07時00分 公開

維持管理:IoTとAIを活用し施設管理を自動化するシステムの開発を実証実験で推進

NECファシリティーズは、1拠点当たり1000を超えるセンサーから自動的にポンプやファンの温度や振動に関するデータを集められるシステムの開発を進めている。

[BUILT]

 NECファシリティーズは2020年1月16日、生産工場の安定稼働と省エネルギー化を目的に、ルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリングの西条工場と川尻工場で、IoTとAIの有効性を検証する実証実験を開始したことを公表した。

独自のAI判定システムを作成

 この実験では、従来、手作業で測定していたポンプやファンといった回転機器の振動や温度データをIoTセンサーを用いて、1時間に1回リモートで継続的に取得する仕組みを構築している。加えて、新たに実験用のポンプを設置し、疑似的に故障させて、これを学習データとして積み重ね、独自のAI判定システムを作り上げていく。これらにより、データ収集作業の効率化と、故障予兆検出精度の向上を実現する。

実証実験システムのイメージ 出典:NECファシリティーズ

 さらに、騒音測定器を多数のインフラ設備が取り付けられている機械室に配置し、集音することで早期に異常を検出する試みも同時に実施する。これらの取り組みにより、保全作業におけるデータ収集と、分析に要する時間を従前の人手で実施していた場合と比較して約20%低減できると見込んでいる。

 結果として、短時間かつタイムリーに設備の不具合を検知して、製造ラインの緊急停止など影響が大きいトラブルを事前に予防する。また、NECファシリティーズが培ってきた施設の運用管理に関するノウハウとIoTセンサーによる異常検知を組み合わせることで、より適切なタイミングで充分な対策が行え、設備の突発的な停止を防げる。

 今後は、関連会社のNEC DX Factoryと連携し、施設管理のさらなる高度化を推進して、2020年度下期には実証実験の成果を基に開発した商用システムをリリースする予定だ。このシステムを導入することで、1拠点当たり数千のセンサーから自動的にデータが集められるようになるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.