住宅・ビル・施設 Week 2019 特集
ニュース
» 2020年01月06日 09時00分 公開

第4回 スマートビルディング EXPO:デルタ電子のLOYTEC最新コントローラーは、“顔認証”などIoTへ対応 (1/2)

デルタ電子のビルオートメーションシステムは、日本のビル建て替え需要をターゲットに、基幹となるLOYTECのコントローラーを多様な機器に応じられる“オープン通信プロトコル”としている。現在は、スマート照明や顔認証など進化するIoTデバイスも、BAS上での一元的な制御を目指し、クラウドと連携する目的でプラットフォームにJavaScriptを採用。同時に将来的な遠隔でのビル多棟管理を見据え、Webインタフェースの開発も進めている。

[石原忍,BUILT]

 デルタ電子は、「第4回 スマートビルディング EXPO」(2019年12月11〜13日、東京ビッグサイト 青海展示場)で、グループ企業LOYTECのIoT対応ビルディングオートメーション(BAS)ソリューションを中心にブースを構成した。

機器に左右されない“ビルオーナー主体”のオープン通信プロトコルBAS

デルタ電子のブース

 LOYTECのBASプラットフォームは、日本で主流のBACnetだけでなく、IPv6、IEIEJ上のBACnet/IPといった通信プロトコルをサポートしている。そのため、設備更新時や増設時に、メーカー仕様によって導入する機器が限定されることなく、“オーナー主体”で選択できるという市場優位性があり、イニシャルやメンテナンスのコスト削減につなげられる。

 ビルオートメーションの領域では最近、これまでに無かったマルチメディアプロジェクターやAVシステム、スマートTV、スマート照明など、幅広いICTデバイスとの接続が求められている。

 こうした状況を踏まえ、LOYTECでは、これからのオフィスニーズをすくい取るには、とくに小規模ビルで、多種多様なビル機能を単一の管理プラットフォームへ統合することが重要とみている。そのためには各種デバイスで取得したデータをクラウドへ集約できるように、汎用性の高い「JavaScript(Node.js)」を採用して、IoTデバイスを統合管理する機能を開発した。IoT統合型のインタフェース上では、ビル設備やDALI照明、さらにはセキュリティや電気自動車充電など、幅広いIoT設備とも統合管理が実現し、ユーザー自身が構築したいスマートなビル環境を提供できるようになった。

LOYTECが提案するオーナー主体の拡張型BAS
港区芝大門のデルタ電子ビルを対象にした遠隔モニタリング。Webベースの管理画面
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.