ニュース
» 2019年12月27日 08時00分 公開

プロジェクト:JR西日本不動産開発が2021年春開業予定の名古屋駅前ホテル建設工事に着手

JR西日本不動産開発は、名古屋駅前に2021年春開業予定のホテル建設工事に着手した。建設地はJR名古屋駅太閤通口から徒歩5分と、ビジネス・観光の拠点に便利な場所。同社の名古屋エリアにおけるホテル開発は3件目となる。

[BUILT]

 JR西日本不動産は2019年12月12日、名古屋市中村区におけるホテル開発(名古屋則武NKビル開発)に着手したと発表した。

名古屋則武NKビル開発の完成イメージ 名古屋則武NKビル開発の完成イメージ 出典:JR西日本

 ホテル開発地は名古屋市中村区則武一丁目801番・802番で、JR名古屋駅太閤通口から徒歩5分とアクセス良好。設計監理は大和ハウス工業名古屋支社流通一級建築士事務所、施工は大和ハウス工業名古屋支社、完成後のホテル運営は全国展開するホテルチェーン、リブ・マックスが担当する。

 ホテル概要は、鉄骨造13階建て、敷地面積466.01平方メートル、延べ床面積1998.95平方メートル、客室数102室。

名古屋則武NKビル開発の位置図 名古屋則武NKビル開発の位置図 出典:JR西日本

 JR西日本不動産の名古屋エリアにおけるホテル開発は、名古屋名駅南NKビル、名古屋栄NKビルに続いて3件目。2027年開業予定のリニア中央新幹線により、東京名古屋間は最速40分でアクセス可能となる。ビジネスや観光目的のビジターの滞在拠点として、同社の本開発への期待も大きい。今後は名古屋エリアの他、JR西日本エリアや首都圏などの主要都市でも開発を進めていく考えだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.