ニュース
» 2019年11月15日 09時00分 公開

プロジェクト:三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア開業、日本文化や歴史をデザインに反映 (1/2)

三井不動産は2020年度までに、ホテル事業の運営客室数を1万室に増やすことを目標に掲げている。オリンピック開催後、インバウンド需要がさらに活性化することを見込み、豊富な客室数を保有することで、需要を取り込み、持続的な事業拡大を図っていく考えだ。2019年11月22日には、三井ガーデンホテルのブランド“プレミアシリーズ”の新ホテルとして「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」をオープンする。

[遠藤和宏,BUILT]

 三井不動産と三井不動産ホテルマネジメントは2019年11月22日、「“TOKYO”דSLOW」「“EXPERIENCE”דHOTEL”」をコンセプトにしたホテル「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」を開業する。

外観デザインに石調PCフレームを取り入れる

 三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミアは、敷地面積4330平方メートル、延べ床面積1万5800平方メートル、構造はRC造・S造、地上13階建て。所在地は東京都新宿区霞ヶ丘町11-3。都営大江戸線「国立競技場」駅から徒歩約1分、JR中央・総武線「千駄ヶ谷」駅から徒歩約5分、同「信濃町」駅から徒歩約6分で、交通の利便性に優れている。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミアの外観 提供:三井不動産

 外観デザインには、弓や椀などの日本文化に基づく美しい「曲線・曲面」や近辺にある聖徳記念絵画館を意識した石調PCフレームを取り入れ、周囲の緑地とマッチングする木材を素材に使用しているという。

 客室数は362室で、広さが異なる全9タイプの部屋を有す。付帯施設は、1階にレストラン・ベーカリーショップ、2階に大浴場やフィットネスジム、ラウンジ、純度100%の暗闇を体験できる空間「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」を設け、13階にルーフトップテラスを設置している。

 3〜13階にある客室は石調・木彫の素材を多く活用し、木製のバルコニーとの親和性を高めている。広い視界をもたらすサイズ約2.4(縦)×2.4(横)メートルのサッシュ(ガラス窓用の金属製の窓枠)やフラットな天井が室内に開放感を演出するという。

ドアに取り付けられたカードキー用のスマートロック 

 出入口のドアの施錠・解錠には、カードキーを採用し、高いセキュリティと容易な開け閉めを実現している。ドアのレバーハンドルの裏には点字を入れるなど、ユニバーサルデザインを採用した。

 最上階の客室「ジュニアスイートキング」「ジュニアスイートツイン」は専用のプライベートテラス付きだ。

最上階の客室「ジュニアスイートツイン」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.