ニュース
» 2019年03月22日 07時00分 公開

「広島駅」で高さ100mの新駅ビル計画が本格始動、2025年の開業を目指す

JR西日本、JR西日本不動産開発、中国SC開発、ジェイアール西日本ホテルの4社は、「広島駅ビルの建替え計画を本格的に始動させる。地上20階建て、高さ100m(メートル)の新駅ビルの内部には商業エリア、ホテルエリア、駐車場エリアを収容し、広島の象徴である路面電車の乗り換え口も設置して、新たなにぎわいの創出を図る。開業は2025年春の予定。

[谷川整,BUILT]

 西日本旅客鉄道(JR西日本)、JR西日本不動産開発、中国SC開発、ジェイアール西日本ホテルの4社は、「広島駅ビル建替え計画」の概要を明らかにした。

商業エリアの2階部分に、路面電車の乗り換え口を設置

 2017年10月に開業した広島駅橋上・高架下施設「ekie(エキエ)」、2019年度末に工事を完了させる予定の新幹線コンコースの整備に続くプロジェクトで、広島の陸の玄関口である同駅にふさわしいにぎわいの創出を目指す。

広島新駅ビルの外観イメージ 出典:JR西日本不動産開発
広島新駅ビルの内観イメージ 出典:JR西日本不動産開発

 広島駅の所在地は広島県広島市南区松原町2-37他。建設するのは新駅ビルと別棟駐車場の2棟で、新駅ビルの構造は、S造地下1階/地上20階建て延べ床面積11万1000m2(平方メートル)。高さは100mに及ぶ。

 新駅ビルは、内部に2〜6階部分に商業エリアと、7〜20階部分にホテルエリアを備える。商業エリアの店舗面積は2万5000m2。最上階にはシネマコンプレックスが入居する。ホテルエリアはJR西日本ホテルズの新規ブランド「ホテルヴィスキオ」が営業し、客室数400程度を想定している。商業エリアの2階部分には路面電車への乗り換え口を設置する。これにより、広島駅中央改札や新幹線口からのフラットな接続が可能になる。

フロア構成 出典:JR西日本不動産開発
配置図 出典:JR西日本不動産開発

 各運営事業者は、商業エリアのショッピングセンターが中国SC開発、シネコンが松竹マルチプレックスシアターズ。ホテルは、事業主体がジェイアール西日本ホテル開発、運営がホテルグランヴィア広島。

 新駅ビルのプロジェクトの進行と併せ、現行の広島駅ビル「ASSE(アッセ)」は2020年3月末に閉館する。2020年4月には駅ビル建て替え工事に着手し、2025年春に新駅ビル開業を予定する。

 新駅ビル計画策定の遠因となったのは、広島市が2014年9月に策定した「広島駅南口広場の再整備などに関わる基本方針」だ。そこでは、南口広場再整備の方法として、駅ビル敷地を活用し路面電車を高架とする駅前大橋ルートの整備や、段原一丁目、的場町、八丁堀、紙屋町、市役所前、皆実町六丁目を環状で結ぶ循環ルートの整備が挙げられている。同市は、これらを含む南口広場再整備の概算事業費を約155億円と見積もっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.