ニュース
» 2019年02月21日 06時00分 公開

ファシリティマネジメント フォーラム2019:JFMAの未来戦略、企業の持続的成長を支えるファシリティマネジメントには何が必要か? (1/2)

第13回日本ファシリティマネジメント大会「ファシリティマネジメント フォーラム2019」が2019年2月20日、開幕した。初日に行われたJFMA委員会によるこれからのFM戦略について提言を行った講演を紹介する。

[石原忍,BUILT]

 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA )主催の第13回日本ファシリティマネジメント大会「ファシリティマネジメント フォーラム2019」が2019年2月20日に開幕した。会場は東京・江戸川区のタワーホール船堀で、会期は同年2月22日まで。

 今回は、「For the Future!『FMの未来、新たな価値を目指して』−時代が変わる。人・組織・社会を支えるファシリティマネジメント−」がメインテーマ。世の中の変化や技術革新とともに、FMの技術や役割を進化させながら、新たな価値を創造し、人・組織・社会に貢献し続けるために、ファシリティ(土地、建物、設備、什器、環境などの業務用不動産)のコストを抑えつつ価値を最大限に保ち、保有・運営・維持するための総合的な管理には何が必要かを考える場となった。

 会場では、ゼネコンやデベロッパー、ITベンダー、大学、研究機関などによる多彩なセミナー、シンポジウム、製品・サービスの展示などが繰り広げられ、BIM(Building Information Modeling)、IoT技術、WELL認証、ワークプレース、働き方改革といったトレンドで、ファシリティマネジメント(FM)の新たな取り組みを多角的に紹介した。

JFMA FM推進戦略委員長・板谷敏正氏

 初日には、主催者のJFMA会長・山田匡通氏のあいさつに続き、JFMA FM推進戦略委員長・板谷敏正氏による「JFAMの未来戦略−企業の持続的成長を支えるFM戦略の提言2019−」と題した講演が行われた。

 板谷氏によれば、FMの役割は「導入することで、ハードとソフト、施設資産の効率化と、生産性向上の両面が改善されること」。

 その実現のためにまず、経営トップも参画した全社的なFM推進を提唱。「あらゆる資産と人的資源を対象とした経営改善には、経営者が不可欠」とした。FMの活動は、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を繰り返す“PDCAサイクル”を回しながら、スパイラルアップさせるものだが、全社的意思の決定が伴う大胆な経営判断には、経営者によるROA(総資産利益率)や生産効率の目標設定、責任者任命も含むFM組織の構築などが要となる。

FM戦略の提言 骨子 経営トップの参画

 FMの提言では、企業不動産の有効活用によって、企業価値の最大化を目指す「CRE(Corporate Real Estate)戦略」を重視する。JFMAが推進しているFMは、米国の様にファシリティの運営・維持だけに重点を置かず、戦略・計画(考える)、プロジェクト管理(つくる)、運用・維持(つかう)、評価(知る)のサイクル(PDCA)全体をFMとして定義し、戦略・計画・プロジェクト管理のCRE領域も内包している。

 次の提言では、「オフィス改革の実践」を説いた。協会のデータでは、FMに取り組んでいる企業は、共有スペースやフリーアドレスの導入によって、本社面積の2割削減に成功している。そうしたデータを網羅したオフィスのベンチマーキングともいえるデータ集「FM DATA BOOK JAPAN」を紹介。知的生産性の向上や効率的なワークプレース・施設管理に役立つ基礎データとしての利用を促した。

 他に、健康に資する投資を行うことで、企業価値や生産性向上にもたらす「健康経営」を挙げた。ワークプレースを見直して従業員の満足度を上げたり、働き方を改善させたりすることで、経営状態の健全化を目指す。そのためには、事業を支える財務、IT、ヒューマンリソースの密な連携がカギになるとした。

 また、FM実践のために、オフィスのベース性能となるユニバーサルデザイン(UD)など、ファシリティ・働きやすさ・組織のそれぞれを定量的に評価できるJFMAが提供している「各種ツールの活用」も提案した。

FM戦略の提言 「オフィス改革の実践」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.