ニュース
» 2019年01月30日 09時00分 公開

VR:Web上で不動産物件の“ウォークスルー”体験を可能にするVR内覧、LIRが全支店に導入

不動産仲介・販売企業のリストインターナショナルリアルティ(LIR)は、VR内覧システム「マーターポート3Dリアリティーキャプチャープラットフォーム」を2019年1月から全支店で導入した。現在は扱う物件のうち、60件でVRシステムを導入。Webブラウザ上やスマートグラスなどで、部屋の隅々までリアリティーある仮想空間上で確認することができる。

[BUILT]

 リストインターナショナルリアルティ(LIR)は、不動産物件を対象にしたVR内覧システム「マーターポート3Dリアリティーキャプチャープラットフォーム」を2019年1月から全支店で導入したと公表した。

Matterport社のスキャニングVR技術を採用

 LIRが提供するVR内覧システムは、米・Matterport(マーターポート)社の「マーターポート3Dリアリティーキャプチャープラットフォーム」を採用している。Matterport社のVR技術は、3Dスキャンカメラと画像合成処理、配信クラウドサービスから成る。

 高度な3Dキャプチャーと画像合成処理の技術で、物件の室内空間を全自動でスキャニングして3次元空間を生成する。従来のVR映像に比べ、目が感じる違和感をできる限り払拭。現実の室内空間の中を実際に歩いているような“ウォークスルー体験”を映像酔いせずに得られ、実際に目で見るのと同じくらい正確な距離感が再現される。

VR内覧システム イメージ画像 出典:リストインターナショナルリアルティ
VR内覧システム イメージ画像 出典:リストインターナショナルリアルティ

 VR内見の閲覧方法は専用Webページの他、手持ちのスマートグラスなどで、内覧に行く時間が無かったり、遠方に居住していても、物件の隅々まで確認することができる。

 売り主側にとっても、場所や時間の制約が無く、多くの買い手に見てもらえるメリットがある。実際に試験導入で武蔵小杉の物件でVR内覧を公開したときは、約1カ月で180件の閲覧があり、現地見学はネット上で物件の3D画像を事前確認した2組のみで、成約に至ったという。

 LIRでは、現在は既に60件の物件でVR内覧システムを導入しており、今後も取り扱う物件にVR内覧システムを積極的に採り入れていくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.