ニュース
» 2018年11月28日 07時00分 公開

ドローンでインフラを3Dモデル化、不具合箇所をAIが解析 (2/2)

[BUILT]
前のページへ 1|2       

 さらに、ドローンの飛行や設備の措置・修繕をMR技術で支援するアプリケーション「KnowledgeMapxR(開発中)」の提供も予定している。これはドローンの操縦者が、MR対応のHMD (Head Mount Display) を装着することで、現実のドローンを見ながら、リアルタイムにテレメトリーデータ、飛行ルート、撮影位置、撮影画像などの情報を、現実空間に重ね合わせながら確認できるようにする飛行支援システム。

 保守点検業務にも対応し、KnowledgeMap 4Dで管理する不具合箇所の情報を現実の点検対象の上に重ねて表示することで、点検漏れの防止や、作業手順などの表示が行えるという。KnowledgeMapxRは、2019年度中の販売開始を目指し、まずは2018年度内にトライアル版を提供する計画だ。

KnowledgeMapxRの概要 出典:NTTコムウェア
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.