ニュース
» 2023年09月07日 08時00分 公開

清水建設、個室ブースの空調を利用者が任意に最適化できる空調システムを開発BAS

清水建設は、大阪公立大学健康科学イノベーションセンターおよび総合医科学研究所と共同で、オフィス内の個室ブースの空調を利用者が任意に最適化できる「床吹き出し型パーソナル空調システム」を開発した。

[BUILT]

 清水建設は2023年7月26日、大阪公立大学健康科学イノベーションセンターおよび総合医科学研究所と共同で、オフィス内の個室ブースの空調を利用者が任意に最適化できる「床吹き出し型パーソナル空調システム」を開発したと発表した。

「床吹き出し型パーソナル空調システム」のイメージ 「床吹き出し型パーソナル空調システム」のイメージ 出典:清水建設プレスリリース

 同システムは、OAフロアの床下から空気を供給する小型ファン、床下からの気流の風量や風向きを調整するフラップ、床パネルに組み込んだ吹き出し口、空調操作向けのタッチパネルで構成される。

設置イメージ 設置イメージ 出典:清水建設プレスリリース

 個室利用者は、タッチパネルにより風量や風向きを任意に選択可能。風量は、25〜200m3/時の範囲で8段階、風向きは固定4パターンおよびスイング機能3パターンを選択できる。また、構成機器がブースのパーテーションから独立しており、床吹出空調方式の既存建物にも導入できる。

 同社は、大阪公立大学健康科学イノベーションセンターおよび総合医科学研究所の監修のもと、20〜60代の男女約20名を対象に実証実験を実施した。被験者が任意の空調環境下でパソコンへのデータ入力作業に4時間従事したところ、一般的な空調環境下と比較してエラーの発生率が30%低減することが確認できたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.