ニュース
» 2023年05月22日 17時11分 公開

「エスコンフィールド HOKKAIDO」の斬新な照明演出を可能にしたパナソニックの照明技術LED照明(1/3 ページ)

北海道日本ハムファイターズの新球場として2023年3月に供用開始となった「エスコンフィールド HOKKAIDO」。試合を盛り上げるダイナミックな球場演出には、パナソニック独自の照明技術が多大な貢献をしているという。

[川本鉄馬BUILT]

 「ES CON FIELD HOKKAIDO」(以下、エスコンフィールド HOKKAIDO)は、野球観戦以外にも宿泊や温泉、サウナ、グルメと多彩な楽しみ方ができる新しいタイプの球場だ。

 球場は、これまでにないコンセプトに基づき、野球の試合以外でも来場者を楽しませる工夫がなされている。施設内には、日本ハムファイターズの関連グッズを扱うショップの他、飲食店、試合を観戦しながら楽しめる温泉やサウナ、ホテルまでが備わっている。

 パナソニック エレクトリックワークス社は、エスコンフィールド HOKKAIDOで、照明や施設内のサイネージ、演出用の制御システムを納入した。3塁側ダグアウトには、観戦や食事だけでなく、パナソニック製品を体感できる「Panasonic CLUB LOUNGE」も運営している。

 現地取材を通して、エスコンフィールド HOKKAIDOでのパナソニックが試みたLED照明技術を紹介しよう。

選手や観客、中継の視聴者も考慮した照明設計

 エスコンフィールド HOKKAIDOは、北海道日本ハムファイターズの本拠地となる球場で、敷地面積は5ヘクタール、収容人数は3万5000人で、掘り込み式フィールドから地上4階まで観客席が広がる日本初の開閉式屋根付き天然芝球場。球団の理念「Sports Community」に準じ、野球ファンだけではなく、国籍、年齢、性別を超えて多くの人が楽しめる施設として2023年3月に本格稼働した。

「エスコンフィールド HOKKAIDO」を南東方向から臨む。壁一面が、グラウンドに配された天然芝の育成に配慮したガラスとなっている 「エスコンフィールド HOKKAIDO」を南東方向から望む。壁一面が、グラウンドに配された天然芝の育成に配慮したガラスとなっている 写真は筆者撮影
3塁側スタンドからマウンドを見下ろす。「エスコンフィールド HOKKAIDO」の敷地面積は5ヘクタール、収容能力は約3万5000人 3塁側スタンドからマウンドを見下ろす。「エスコンフィールド HOKKAIDO」の敷地面積は5ヘクタール、収容能力は約3万5000人

 パナソニック エレクトリックワークス社は、試合グランド用、球場内プラザ、コンコース、エントランスなどのLED照明を受注した。さらに、パナソニック コネクトの映像制作ソリューション「KAIROS(ケイロス)」や約600台ものサイネージも採用されている。

照明の設置場所 照明の設置場所 提供:パナソニック エレクトリックワークス社
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.